水回り工事やリフォームの料金は?水回りセットの費用の相場を紹介

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

水回り工事やリフォームの料金は?水回りセットの費用の相場を紹介

設置から10年も経過する頃にはリフォームの必要性が出てきますが、水回り関連の工事は費用が高くなりがちです。
単純な設備交換であれば、数十万円の予算でリフォーム可能なものの、間取りや内装を大幅に変える場合などは追加費用が大きくなります。

簡単な水回り工事なら工期も短く出来るため費用を抑えられますが、工期が1週間以上必要な大がかりな工事は数百万円の予算が必要になることもあります。
また、本体のグレードもリフォーム代を左右する要素です。

このようにリフォーム価格は内容次第にはなりますが、目安相場を知っておくことで予算を考える際の参考材料となります。
水回り工事を実施した際の費用面について見ていきましょう。

水回りリフォームの時期とリフォームにおける注意点

長年住宅を使用していると、次第に不具合が生じやすくなるなど、使い心地が悪くなってきます。
そのためある程度期間が経過したら、水回りのリフォームをする人が多いです。
とはいえどのくらいでリフォームするのが一般的なのか判断が難しいため、まずは適切なリフォーム時期について見ていきましょう。

また水回り工事を行う際にはいくつか注意点があります。
納得のいくリフォームをするために知っておくべきポイントもご紹介します。

そもそも水回りリフォームをする理由は?

水回りのリフォームをする理由は?

水回りリフォームは設備が壊れた際におこなうものというイメージが強いですが、実はそれ以外の理由でも実施されます。
理由の一つとして、家の機能性を高める目的です。

住宅設備は年々進化していくため、5年も経過する頃には新しいものが登場します。
最新の設備を導入することで住み心地がアップするため、満足感のためにリフォームすることも珍しくありません。

また、住宅を長く利用するためにリフォームすることもあります。
住宅には耐用年数があり、月日の経過と共に老朽化していきます。
長持ちさせるために定期的な改修工事が必要ですが、そのタイミングに合わせて水回り工事をおこなうケースも一般的です。

築10年経過したらリフォームを検討しよう

水回り設備の耐用年数は約15年!

設置から10年経過したら、水回りリフォームを考え始めてもよいかもしれません。

一般的に水回り関連の設備における耐用年数は15年前後です。

よって10年を超えると、いつ寿命を迎えてもおかしくない状態になります。

完全に壊れてしまってからのリフォームですと、急ぎで決めないといけないことが多く、満足のいくリフォームができるとは限りません。
そのため余裕を持たせて、築10年を超えたらリフォームを考え始めるのがおすすめです。

親レンジャー
親レンジャー
10年程度経過するとライフスタイルが変わっている可能性もあります。ライフスタイルの変化に合わせてリフォームするのも良いですね
どういったことでしょうか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
たとえば家族の高齢化に伴って、バリアフリー対応の浴室にするというケースは多いですね。他にも子供の成長に伴い一緒に料理を作れる広いキッチンに替えたいなど、いろんな変化が考えられますよ

そのまま使い続けているとどうなるの?

耐用年数を迎えても、すぐに使えなくなるわけではありません。
設備を大事に使っていれば、15年以上経過しても問題なく使えるケースが多いです。
よって必ずしも水回りリフォームが必要ではないですが、設置年数が経過するほど劣化は進みやすくなります。

特に水回りの設備には、パッキンなどの消耗品もさまざまな箇所に使用されています。
劣化が進んでいくと水漏れやつまりなどのリスクも高くなるため、定期的なメンテナンスは必須です。

水回りは使用頻度が高い場所ですから、不具合が生じると非常に不便です。
ある程度年数が経過したらこまめに状況確認をするようにし、消耗しやすい部品だけでも交換するよう計画を立てた方が無難でしょう。

マンションの場合は思い通りにリフォームできないことも

一戸建ての場合は自由にリフォーム可能ですが、マンションの場合は要注意です。
管理規約によって制限を受けることがあるからです。

基本的にリフォームできる箇所は専有部に限られており、共有部にあたる部分はリフォームできません。

また、配管に影響が出る工事はしにくいため、間取り変更を伴う水回り工事は難しいという点を押さえておきましょう。

他にも規約によってはIHへの変更ができないことなどもあり、選べるシステムキッチンが限られてしまうケースなどもあります。

いずれにしろ管理規約の内容がリフォームの自由度を大きく左右します。
リフォームの前にどのような内容になっているのか、しっかりと確認を取ることが大事です。

大がかりな工事は設備を使用できない期間に要注意

水回り工事が大がかりなものになると、その分工期が伸びます。
たとえばトイレの設備交換だけなら1日で完了しますが、間取り変更を伴う場合や内装を大きく変える場合は数日程度期間が必要です。

他の箇所に関しても、工事の内容次第では1週間以上という長期間の工事になる可能性もあるでしょう。

その間は当然ですが設備を使用できません。

よってどのように暮らすか考える必要があります。
使えない場所次第ではホテルなど、仮住まいを用意しなければなりません。
そうなるとそちらの出費も増えることになるため負担が重くなります。

よって工事が大がかりなものになりそうな場合は、仮住まいの確保が必要かどうかをきちんと検討しておくことが重要です。

事前にショールームで実物を確認しておこう

交換する設備に関しては、事前にショールームで実物を見ておきましょう。
決してカタログだけで決めない方がよいです。
カタログと現物では、色味などが微妙に違って見えることはよくあります。
また、手触りなど実物を見なければ確かめられない情報も多いです。

水回りの設備は毎日使うものですから、使い勝手の良さを重視する必要があります。

納得できるものなのかどうかを確かめるために、面倒でもショールームに足を運ぶことをおすすめします。

ショールームで実物を見れば、選ぶうえでの失敗を減らせますか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
ショールームでは単に実物を見るだけでなく、使用体験なども出来たりします。実際に使用してみることで使い心地を把握できるため、機能性やお手入れのしやすさなど、さまざまな情報を得られますよ

水回り工事の相場と工期日数

水回り工事の相場はピンキリです。
結局のところ本体価格に左右されるところが大きく、ハイグレードなものを選べば費用は必然的に上がります。
一方で型落ち品を選べば、費用をそこそこに抑えることも可能です。
よって水回りの箇所ごとに、おおよその金額はどのくらいなのかを見ていきましょう。

またリフォームする際には工期日数も把握しておかなければなりません。
それぞれの箇所ごとの工期日数もご紹介します。

キッチンリフォームの特徴

キッチンのリフォームにかかる費用は?

キッチンの場合、ブロックキッチンとシステムキッチンがありますが、ブロックキッチンでスタンダードな物であれば5万円~10万円程度、システムキッチンであれば20万円~40万円程度が相場になります。

たとえばホームセンターで販売されているものですと本体価格が20万円~30万円程度のものもあるため、そういったものを選べば工事費用を含めても50万円以内に収められます。

一方で有名なメーカーのハイグレードなモデルを選べば、本体価格だけで80万円~100万円程度は必要です。
工事費も含めると120万円以上は見込んでおかなければなりません。

またキッチンの場合はオプション機能をどのくらい付けるかによって、リフォーム費用が変わってきます。
標準で付いていることもありますが、別途料金が必要なオプションとしてたとえば以下があります。

  • 食洗器
  • ワークトップの素材変更
  • 収納扉の変更
  • 浄水機能付きの水栓

トイレリフォームの特徴

トイレのリフォームにかかる費用は?

トイレの場合、キッチンや浴室と比べるとリフォームが簡単なため、比較的リーズナブルに抑えやすいです。
スタンダードなモデルであれば本体価格は10万円程度で販売されていますので、工事費用や古い本体の撤去代や温水洗浄便座を含めても10万円~20万円程度でリフォームできます。

本体交換だけなら施工が2時間程度で終わるため、人件費をほとんどかけなくて済むのもトイレリフォームの特徴です。
ハイグレードなモデルを選んだ場合ですと、本体価格はおおよそ20万円~30万円くらいになります。

電気配線工事を含む場合や壁紙交換などを一緒におこなう際は、プラスして費用が発生します。

とはいえ大がかりなリフォーム(壁紙や床などフルで)をしたとしても、スタンダードな物であれば20万円~40万円程度の予算を見込んでおけば充分でしょう。

洗面台リフォームの特徴

洗面台もトイレと同様に、リフォーム費用を比較的抑えやすい箇所です。
スタンダードなモデルですと本体価格の相場は15万円程度のため、工事費用を含めても20万円程度に収められます。
一方で本体価格をハイグレードにすると、30万円程度の本体代を見込んでおかなければなりません。

また洗面台の本体価格は、単純に間口が広くなるほど相場が高くなる傾向にあります。
よって近年流行りの手洗い場が2台並んでついているような幅広いタイプですと、費用は高めです。

洗面台もさまざまなオプションがあるため、どのようなオプションを付けるかも費用を左右する要素となります。
人気のオプションは以下です。

  • ボウル素材を人工大理石や陶器製に変更
  • 収納扉の素材変更
  • 鏡部分の照明を増やす
  • 水栓をタッチセンサーに変更
  • 洗面台の脇に収納棚を追加

浴室リフォームの特徴

浴室はキッチンと並び、水回り工事が高額になりがちな箇所です。
ユニットバスの交換をおこなう場合、スタンダードなモデルであれば本体価格30万円~70万円程度が相場となります。
よって工事費用を含めて50万円~100万円くらいで交換が可能でしょう。
ハイクラスなものを選べば本体価格150万円程度は必要です。

また、ユニットバスへの交換ではなく、職人さんに1から造ってもらう在来工法(タイルやパネル貼り造り)の場合は50万円~200万円程度とピンキリです。

たとえば総檜風呂にしたいなど特別な要望がある際は、値段が跳ね上がります。

浴室リフォームも以下のようなさまざまなオプションを付けられるため、オプションを増やせばその分費用は高くなります。

  • ジェットバス
  • 追い炊き機能
  • 浴室テレビ
  • シャワーヘッド交換
  • 浴室乾燥機
  • ミストサウナ

水回りリフォームにおける工期の目安

水回りリフォームにかかる工期として、シンプルに設備の交換だけであれば数日で終わります。
箇所ごとにおける日数の目安としては下記の表をご参照ください。

リフォーム箇所本体交換に費やすおおよその日数
キッチン2日~3日程度
トイレ2時間~2日程度
洗面台1日程度
浴室3日~5日程度

単純な交換工事にとどまらず、間取り変更などを伴う場合にはもっと日数が必要になります。
また浴室もユニットバスからユニットバスへの変更なら簡単ですが、在来工法への変更を伴う場合は工期が長くなるため注意が必要です。
前述の通り、工期が伸びればその分費用が増します

リフォーム代が高くなるのはもちろんですが、たとえばキッチンが使えない間は外食やお弁当などの利用が必須です。
自炊するよりも食費がかかるため、そういった負担も増えることを覚えておきましょう。

水回り工事をセットでおこなう場合の基礎知識

水回りまとめてリフォームのメリットは?

水回り工事はどこか1か所だけを単体でおこなうこともできますが、複数箇所をまとめてリフォームすることもできます。

セットで工事すると費用を抑えられるため、リフォームの機会にまとめておこなう人が多いです。

実際リフォーム会社では、水回り3点セットや4点セットといった具合に、複数箇所のリフォームをひとまとめにしたプランを提供しています。
なぜまとめてリフォームすると安くなるのか、そしてセットのメリットやデメリットは何なのかを見ていきましょう。

またセットでリフォームした際の相場もご紹介します。

セットだとなぜ安くなるの?

セットが安い理由として、そもそもの仕入れ値が安いからです。
リフォーム会社は設備メーカーからシステムキッチンやユニットバスを仕入れているわけですが、セットだとその仕入れ値を抑えることができます。

メーカー側も販促を兼ねて、一定の需要を見込めるリフォーム会社には安く卸します
卸値が通常のおおよそ6割から8割程度とだいぶ安くなるため、結果として私たち消費者に提供されるリフォーム代に還元されるのです。

また、水回りの工事をまとめておこなうと、その分諸経費も抑えやすいです。
たとえば人件費や古い設備の処理費用も、まとめておこなえば経費削減ができます。

結果として単体でリフォームするよりも、複数箇所を一度に実施する方が費用はお得になります。

セットでリフォームするメリットは?

セットでリフォームする際のメリットは、何と言っても価格面です。

同じ設備を単品でリフォームする場合と比べると、大幅に安くなります。
全く同じものなのに、一緒に工事するか別々におこなうかの違いだけで価格が大きく変わるため、複数箇所のリフォームを検討しているのであればセットの利用は非常にお得です。

また、まとめてリフォームすることで工期も短縮できます。
仮住まいの手配期間も短縮できるため、やはり費用面における魅力が大きいです。

もう一つ特徴として、水回りセットは基本的に同じメーカーのものがパックとして販売されます。
よってまとめてリフォームした際に統一感を出しやすいといったメリットもあるでしょう。

セットでリフォームする際の注意点

価格面において優位な水回りセットですが、少なからず注意点もあります。
どのような設備をセットにしているかというのは、リフォーム会社によりけりです。
セット内容全てが自分の気に入った設備とは限りません

たとえばキッチンは満足だけどトイレは別のものにしたい場合など、要望を通せるとは限らないわけです。

よってある程度妥協が必要になるのがセットで依頼する際の注意点です。

親レンジャー
親レンジャー
またセット商品は、最新型のものはパックに組み込まれないことが多いです
型落ち品ということですか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
そうですね。型落ち品をまとめて水回りパックとしていることも多いため、新しい設備が良い人には向かないかもしれません

セットでリフォームした場合の相場

セットでリフォームする場合、単体でリフォームするより費用は抑えられるものの、費用に関してはセットのグレードによりけりです。
リフォーム会社次第にもなりますが、セットにおけるおおよその相場は下記のとおりです。

項目セット内容目安相場単体でリフォームした場合と比較してお得になる金額の目安
水回り4点セットキッチン、浴室、トイレ、洗面所50万円~150万円程度30万円~50万円程度
水回り3点セットキッチン、浴室、トイレ40万円~140万円程度20万円~30万円程度
水回り2点セットキッチン、浴室30万円~130万円程度10万円~20万円程度

セットの点数が多いほど割引金額も大きくなります。
よってもし将来的にリフォームする可能性があるのなら、出来る限り一度におこなってしまう方が金銭的メリットを得られます

まとめ

水回り工事はどのような設備を選ぶかで価格は大きく変わります。
スタンダードな設備を選べばそこそこの費用で抑えることができる一方、最新のハイグレードなタイプですと充分な予算を準備しなければなりません。

また、さまざまなオプションを付けたり、内装も変えるようなリフォームは費用が高くなりがちです。
傾向としてはトイレや洗面台よりも、キッチンや浴室は大がかりな工事となりやすい分、費用負担が大きくなりやすいです。

リフォーム料金はピンキリですが、水回りセットプランでおこなうと費用節約になります。
水回り4点セットの場合、安いものですと50万円程度でリフォーム可能です。
設備メーカーにこだわりがなければセットプランは非常に有効ですから、リフォーム時に検討してみましょう。

新着お役立ち情報