お風呂やキッチンなどの水道蛇口から水が漏れた時の修理方法まとめ

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

お風呂やキッチンなどの水道蛇口から水が漏れた時の修理方法まとめ

お風呂やキッチンで、蛇口から水が漏れ出して慌ててしまった、その場合はすぐに業者に連絡すべきでしょうか。
実は蛇口の水漏れは自分で応急処置することもできるので、その方法を知っていると助かりますね。

ただし被害が大きい、また同じ場所で何度も起こる場合はプロの力が必要です。
工事店に頼むと確かに料金はかかりますが、その分専門家でなければできないことも多くあります。

蛇口から水が漏れた時の修理方法と業者に依頼した場合のメリットについて整理してみましょう。

蛇口の水漏れを自分で修理する手順

蛇口から水が漏れていた、それを見つけても慌てずに自分でできる応急処置の手順を解説しましょう。

お風呂に入ろうとしたら水漏れ発見、とても困りますね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
初めて水漏れを目撃すると驚きますね、ですが実は応急措置は簡単にできるので手順を説明しましょう。

水漏れ箇所の特定

蛇口の水漏れしやすい箇所はどこ?

まず蛇口をよく見て、どの部分から水が漏れているかを目視で確認します。
キッチンやお風呂場の蛇口で水漏れが起こりやすい場所は主に以下の通りです。

  • ハンドルやレバー
  • 吐水口やシャワーの先端
  • 壁に接合しているクランク部分
  • 湯やシャワーの切り替え弁

この中のいずれかの箇所であれば自分で応急手当が可能だと考えられます。

比較的分かりやすい場所ですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
ただし水漏れの被害があまりにも大きい時、例えば床一面を覆う規模に相当する場合は手を出さず、業者にすぐ連絡することをおすすめします。

作業前には必ず元栓を止める

水漏れの場所が確認できて応急処置ができそうであれば作業に入りますが、この時には必ず止水栓を締めましょう。

止水栓の場所は、一戸建て住宅の場合は庭などの屋外、マンションであれば玄関ドア横のメーターボックスなどにあることが大半です。

どうしてもわからない時はどうしたらいいのかしら。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
その場合は家の中にある水道の元栓でも大丈夫ですよ。

水漏れ部位ごとの処置方法まとめ

水漏れ箇所が分かったらその場所に応じた方法で処置すると、一時的に水漏れは抑えられます。
ポイントは部品がどこにあるかを見つけること、ハンドルの取り外し方と併せて参照しましょう。
なおパーツを取り換えた後は手順を逆戻りして組み立て直し、元栓を緩めて出水させ、異常がなければ完了です。

水漏れ箇所主な原因パーツの場所や処置方法など
ハンドル三角パッキンハンドルのビスを外して下部のキャップナットを外したところ
レバーバルブカートリッジレバーハンドル上部を取り外し、カートリッジ押さえを外したところ
レバーOVパッキン上記手順でカートリッジを確認後、スパウト(水が出る部分)を取り外したところの下部
吐水口やシャワーハンドルケレップ(節水コマ)ハンドルを外しナットを緩め、三角パッキンを取り外した先
吐水口やシャワーレバーバルブカートリッジレバーハンドルを取り外し、カートリッジ押さえを外したところ
壁掛けタイプのクランク部分シールテープシールテープの接着部分をしっかり掃除し、2つ目のネジ山から時計回りに巻いて密着させる
壁掛けタイプのクランク部分クランクパッキン壁内部のクランク管とつなぐナットを緩めて蛇口本体を取り外すと表れる
湯やシャワーの切り替え弁本体の切り換え弁レバー中心部にあるネジを緩めて取り外し、本体内部のナットを緩めると取り外せる
湯やシャワーの切り替えパッキンシャワーヘッド内部のパッキンシャワーヘッドとホースの繋いでる部分を緩めて分解すると表れる
部品の場所が分かれば一安心、これなら安くてすむからいいわ。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
しかしお客様、これらの方法では水漏れの根本的な解消にはならないんです。
え?それはなぜ?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
自分で補修した後何もしなければ、また同じ箇所で水漏れする確率は大変高いんです。以降、その理由を説明しましょう。
偏心管パッキンの交換方法

無事に修理できたはずなのに再び水漏れが?その原因とは

蛇口の水漏れを自分で直す知識を持っていると、何と言ってもお金をかけずにすぐ補修できて安心、その部分で大きなメリットがあるのは間違いありません。

しかし反面、一度補修したにもかかわらず同じ場所でまた水漏れが発生する困った現象が起きてしまうことも残念ながら多く報告されています。
その原因とは一体なぜか、業者に連絡する前に確認するポイントをピックアップしてみましょう。

パッキンの大きさが合っていない

水漏れの原因で最も多いのがパッキンの劣化ですが、多くの場合新しいものに取り換えることで解決します。
しかしパッキンも選び方を間違えてしまうと、せっかくの効果も発揮されません。

パッキンの主な役割は部品の接合部分を補って密着し、外に水が漏れることを防止しますので、大きさが合っていないと意味をなしません。

またパッキンの大きさは蛇口のメーカーによって異なるため、市販されているものが必ず合うとは限らない点が厄介です。

購入する前にきちんと確認することが必要です。

パッキンの大きさって統一されてないんですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
そうなんです。確実なのはメーカーに問い合わせることですが、それでは時間もかかってしまうので予め大きさを調べておくと便利です。

ナットの締め付けが不十分

水道の自己補修の失敗でよくあるもう一つのパターンがナットの締め付けが不適切な場合です。
蛇口にはネジよりもナットが多く使われていますが、ナットの方が締め付ける力が強く、パッキンの近くなど水漏れ防止に大切な部分をつないでいます。

もしナットの付け方が甘いとそこから再び水が漏れてくるおそれがあるので、作業時は適切な位置でしっかり締めるように気を付けましょう。

ドライバーは時々使うけどレンチはそんなに使わないわね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
組立て家具などでは使う工具が多くなると嫌煙されるので、今はドライバー一つでできるものが多いですね。しかし蛇口に関しては簡易性よりも安全性が重視されているので、その点ではどうしてもナットは欠かせないのです。

管の内部の汚れや錆

蛇口のお掃除方法 ゴミやサビを取り除きます。

水道を長年使っていくとどうしても避けられないのが、水道管内部の汚れや錆付きの蓄積です。
水道水には衛生を保つためにカルキなどの微量の物質が含まれていますが、この不純物によって管内部に汚れが溜まったり、錆付きの原因となってしまいます。
そうなる前に定期的に管の中もきれいにしておくことがすすめられます。

部品交換で本体を取り外したらセットで行うと一回で済みます。

管の内部まで確かにあまり気にしたことないわ。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
水道管の中の錆を放置するといわゆる赤茶けたさび色の水が出るなどのトラブルもありますので、ぜひ意識していただきたいですね。

蛇口の寿命

パッキン交換で解決しない水漏れ原因で実は最も多いのが、蛇口そのものが寿命を迎えている場合です。
蛇口の寿命は平均10年程度ですが、家族の人数やライフスタイルの変化で使用量が増えるとさらに早く迎える傾向があります。
こうなるともう、解決手段は本体交換しかなくなります。

蛇口の寿命は10年くらいと短いですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
家電製品でもそうですが、古いものは部品の生産が終了していることもよくあるのですぐに交換することがおすすめです。

再び水漏れした場合は業者に依頼?プロだからできることとは

どんなに慎重に手順通りに直しても、蛇口の水漏れはいずれ起こる可能性が大変高いものです。
そうなった時はプロの手を借りることが一番です。

なぜお金を払ってまで業者に頼むことがおすすめか、その理由は時間をかけず、確かな技術で、安全にトラブルを解決できるからです。

では業者に任せた場合、どのように水漏れ解消できるのでしょうか。

業者を呼ぶのは最終手段にしたいところですね、やはり費用問題があるから。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
仰ることはよくわかります。しかし私たちの手にかかれば、水漏れトラブルはこんな風に直ってしまいますよ。
水漏れ修理をプロに依頼するメリット

最短時間で水漏れトラブルを解決できる

水道工事のプロに依頼する一番のメリットは、何と言ってもトラブルを最短時間で解決してくれることです。

水道の補修など普段からやり慣れているという人は極めて少ないので、人によってはパッキンの交換だけで半日くらい時間がかかってしまうこともあります。
その点業者を呼べば、簡単な工事であれば30分~1時間程度で終わってしまいます。

また自分で蛇口を補修した時にありがちなパッキンの大きさ不適合やナットの締め方の不十分についても、仕事として日々行っている水道工事業者では、このような初歩的なミスはまず起こりません

確かに、水道の補修で時間を取られてしまうのはもったいない気がしますね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
お客様からお金をいただいている分、私たちは専門知識と技術によって迅速にトラブルを解決する、それが私たちの最も大切な仕事ですから。

見えない部分も含めて多角的かつ的確な診断をする

蛇口の水漏れはハンドルレバーや壁際など目に見える箇所ばかりで起こるとは限りません。
たとえば水道管の内部にたまった汚れや錆付き、こうした部分までしょっちゅう確認している人はほとんどいないので、見過ごしてしまうケースもあります。

そうした一見原因不明の水漏れについても、業者は目視できる箇所以外にも可能性の目を向けチェックします。

水道管の汚損は水の変質といった部分にも影響を与えかねませんので、プロの確かな視点でトラブル解消してもらえるのは、大変な安心感がありますね。

濁った水が出るトラブルもまた、水漏れと同じくらい避けたいですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
水は口に入るだけでなく顔や体を洗ったりもしますね。きれいな水を安全に届けるのもまた、私たちの使命です。

さらなる水漏れを防いでくれる

蛇口の水漏れに多い原因トップ3にも挙げられる本体の寿命に対しても、プロの手で設置する方がより安全かつトラブルが起こりにくいです。

DIYという考え方が浸透した今では、インターネット上に様々な蛇口本体や部品が販売され、好きなものを手軽に選ぶことも可能です。
しかしそれも取り付け方が適切でないと再び水漏れするリスクがあります。

自分で買って取り付けるDIYにも良い部分はありますが、やはり熟練のプロの技術で正確に取り付けてもらえば、少なくともナットの締め付け不十分による水漏れが起こる心配はまずありません。

水漏れは一度起こるとまた起こる、と考えたほうがいいかもしれませんね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
お客様のおっしゃる通りです。しかも放置することで改善することはなく、むしろさらに被害が広がってしまう危険もあるので、早めに対策を取ることをぜひおすすめします。

実は業者に頼む方が安い?そのわけとは

水道工事で業者に依頼する時に多くの人が思いとどまる理由が費用の問題です。
運が悪いと悪徳な業者に高額な請求をされたという被害の例も報告されていますが、そんな業者はごくごく限られています。

大半の工事業者は法律を守って適性な金額で修理を行ってくれる、良心的なところばかりです。

ところでそんな水道プロへの費用問題には、実は初めから業者に頼むほうが安くつくという考え方もできますがそれはなぜでしょうか。

自分で直すとしても費用がかかる

蛇口の水漏れを自分で直すためにも実はお金が必要です。
そのためには交換用の新しいパーツの他、工具もなければなりません
特に工具については100円均一ショップで売っているようなものや車載用の小さいものではダメ、セルフ修理だからこそきちんとしたものをそろえるべきでしょう。

以下は、パーツや工具の平均価格をまとめた一覧表です。

部品平均単価(円)
三角パッキン110円
OVパッキン160円
ケレップ(コマパッキン)110円
バルブカートリッジ4000円
偏心管パッキン200円
シールテープ1巻150円
切り換えバルブ2500円
Oリングパッキン120円
Uパッキン110円
工具平均価格(円)
ドライバーセット1500円
プライヤー1200円
モンキーレンチ1500円
水栓締め付け工具セット5000円
ウォーターポンププライヤー1500円

パーツ一つは確かに100円程度で買えますが、工具に至ってはきちんと揃えようとすると7000円以上の出費なので、意外に大きいですね。

そうですね、家にある工具は簡易性の小さなセットだけだわ。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
DIYだからこそきちんとした道具を使わないといけません。そうなると工具にある程度お金がかかるのも仕方がないですね。

いつか寿命で交換するなら早いうちに手を打つべし

蛇口から水漏れが起こる原因は経年変化の要素も大きいため、この時点ですでに寿命が迫っているという見方もできます。

適切に修理したとしてある程度までは抑えられても、パーツの劣化やシールテープの接着部分が低下することはどうしても避けられません。

そうなると、自分で修理するための時間や手間をなくし、早いうちに業者に依頼した方が時間も費用も結果的として節約になるという前向きな考え方もできますね。

自分で直してもいつか寿命が来るなら、むしろ依頼した方が早いですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
私たちはそうしたトラブルにいつでもすぐに対応できるように、基本的に24時間365日の営業体制をとっています。寿命がやってきて突然トラブルを起こすのも、深夜やお正月も関係ないので。
同じ場所からまた水漏れ!要注意です

気になる費用相場について

水道工事は業者が一番なのは分かったものの、修理の料金について全く気にならないという人はいません。
以下、大手工事店5社で行う主な工事の基本料金の価格帯をまとめました。
見積もりを見る時の相場として知っていると大変便利です。

工事内容価格帯
キッチンの蛇口水漏れ3000円~15000円
お風呂の蛇口水漏れ3000円~15000円
排水口のトラブル5000円~15000円
蛇口交換(工賃のみ)6000円~10000円

ただし水道工事の場合は実際にやってみないと被害の程度が分からない場合もあり、別途料金を請求されることもあります。

その場合は必ず見積もりを見て費用名目や目的を明らかにさせ、必要のない工事までさせられることを防ぎましょう。

また本体を交換するにはこれに本体の代金など別途費用が加算されます。
その金額は交換機種によって大変幅があるので、実際に依頼する前に複数の会社で見積もりを取って比較検討しましょう。

自分で行うにしても、本体価格の他に工具の総額を足したら変わらないですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
そうなんですよ。万が一別料金がかかる場合でも、我々にはお客様に必ず説明し合意を得る義務があります。なので、安心して水道のプロを頼ってくださいね。

まとめ

キッチンやお風呂場で突然蛇口から水漏れしたら誰もが焦りますが、きちんと応急処理すれば抑えられます。
しかし水が漏れる原因にはパーツの劣化や製品の寿命といった経年要素が大きいので、トラブルが生じる時点ですでに交換する段階にきていることも少なくありません。

水漏れは放置していても改善するどころか、水量が増えて床への被害が広がったり、また水道料金が上がってしまうなど良いことはありません。
プロの手によって早めの解決をすればそのようなトラブルが防げます。

気になる費用相場については、自己修理する場合でも工具をそろえると数千円以上かかるので、結果としてはそれほど変わらないという意外な事実も分かりました。
水漏れトラブルは早く確実に解消、そのためには専門家の力をぜひ借りてみましょう。

新着お役立ち情報