水道代が高い原因は漏水?修理の前に漏水調査を業者に依頼するべき?

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

水道代が高い原因は漏水?修理の前に漏水調査を業者に依頼するべき?

水道代が高くなっていたら漏水が原因かもしれません。
漏水は場所によっては自分で見つけられますが、壁や地面の中で水漏れしていると気がつきにくいものです。

もしかしたら自分で発見した場所以外でも、漏水している可能性があります。
修理する前に漏水調査を業者へ依頼した方がよいケースもあるでしょう。

今回は水道代が高い原因が漏水なのか調べる方法と、修理前に漏水業者へ依頼すべきかを考えます。
漏水業者が実施する調査の内容や調査を依頼するメリット、そして気になる費用相場の情報も掲載しています。

水道代が高くなった気がするんです
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
もしかしたら漏水しているのかもしれません。自分で漏水をチェックする方法を紹介しますね

水道代が高くなった原因は漏水なのか調査する方法を紹介

前の月より水道代が高くなったように感じることがあるかもしれません。
急に水道代が上がった時は漏水している可能性があります。

目に見える箇所ならすぐに見つけられますが、壁の中や床下の配管で起きている水漏れは気づきにくいものです。
漏水しているかどうか自分で調査する方法を紹介します。

水道代をチェックして漏水か調べる方法 

漏水しているか調査する基本的な方法は、まず水道代をチェックすることです。
手元に用意するのは水道代の明細書です。
2ヶ月に一度、水道局から送られてくる水道・下水使用量等のお知らせを用意してください。

自治体によっては2ヶ月に一度ではなく、毎月支払いのところもあります。

また水道局の公式サイトから自分の水道代を確認できることもあるので確認してみましょう。

水道代の明細書は1ヶ月分だけでなく、過去3ヶ月から4ヶ月分を用意します。
次に各月の水道代を比較してください。
比較すると、水道代が高い月と低い月があることに気がつきます。

なぜある月は高くなったのか、他の月は低くなったのかを思い出してください。
親戚が泊まりに来ていたので水道代が高くなったとか、旅行に行っていたので水道代が低くなっているとか色々な理由を思い出せるでしょう。
理由がある時は漏水が原因でないことが分かります。

注意すべきなのは、理由がないのに水道代が高くなっている時です。

特に水道代の平均金額から1500円から2000円ほど高くなっている時には漏水の可能性があります。

漏水箇所ごとに水道代がどれくらい上がるのか参考情報を表からご覧ください。

漏水箇所漏水時の水道代の目安
蛇口2000円前後
洋式トイレ5000円から6000円

一般的に蛇口から少量の漏水が一ヶ月続くと2000円前後水道代が高くなりますし、洋式トイレで漏水している場合は5000円から6000円ほど水道代が上がってしまいます。

水道メーターで漏水を調査する方法

水道メーターの確認方法

水道メーターを確認して漏水を調査する方法があります。
自宅の水道メーターにはパイロットと呼ばれる部分があり、水道が使われるとパイロット部分が回転します。
水道メーターの蓋を開けると文字盤が見え、下の左側にシルバーの小さい丸い部品があります。
この丸い部品がパイロットです。

家の蛇口を全て閉めてもパイロットが回っているのであれば、家のどこかで漏水が発生している可能性があります。

確実に漏水かどうか確認するために止水栓を全て閉めてください
止水栓は家の中の水回り付近に設置されています。
すぐに見つけられるように止水栓の一般的な設置箇所を表にしました。

水回りの場所設置箇所
トイレトイレタンクへ繋がる給水パイプの接合部
洗面所洗面台の下
キッチンシンクの下
浴室シャワー水栓の根元
※必ず設置されているとは限りませんが殆どのケースで設置はされております

トイレの止水栓は、トイレタンクへ繋がる給水パイプの接合部にあります。
タンクの右か左側の下の部分に設置されていることが多いです。

洗面所では洗面台の下に設置されており、給湯パイプと給水パイプの両方にそれぞれ止水栓があります。
もし洗面所に洗濯機が置いてあれば、洗濯機に繋がる給水パイプの止水栓は、給水蛇口と共有になっている場合があるので覚えておいてください。

キッチンの止水栓はシンクの下に収納されていますが、止水栓が見えないよう扉が付いていることがあるので見つけにくいかもしれません。
シンク下の小さな扉を外すと止水栓が見つかります。

浴室の止水栓は、シャワー水栓本体が設置されている根元にあります。

以上の止水栓を全て閉めた後、水道メーターのパイロットが回転していないか確認してください。
家の中で水道を全く使っていないにもかかわらず、パイロットが回転していれば漏水が発生している証拠です。

止水栓はどこにあるの? 確認しましょう!

住宅によっては水道メーターがデジタル表記のことがあります。
デジタル表記のメーターはパイロットがなく、液晶に全ての情報が表示されます。
もし漏水しているのであれば、液晶に警告マークが点滅したりメーター数字以外の漏水警告が点灯したりします。

水道メーターは住宅によって設置場所が違っています。
戸建て住宅と集合住宅の場合の水道メーターの設置場所をまとめてみました。

住宅の種類水道メーターの設置場所
戸建て住宅敷地入り口の地面の中
集合住宅玄関ドア脇の扉の中若しくは1F地面にまとめて設置
※アパートなどは1F階段付近にまとめて設置されている事が多いです

戸建て住宅では、敷地入り口の地面の中に水道メーターが設置されています。
プラスチック製の箱と一緒に地中に埋められており、青色の扉に量水器と書かれているので見つけやすいです。

集合住宅の場合、玄関ドア脇の扉の中に水道メーターが置かれています。
ガスメーターと一緒に納められていることがありますし、隣室の水道メーターと一緒に設置されていることがあります。

メーターをチェックする時に、水道のメーターであること、自分の部屋のメーターであることを確認してください。

漏水しやすい場所とは?

漏水しやすい場所はどこ?

水道代の明細書やメーターをチェックして、水道代が高い原因が漏水だと疑われる時には漏水箇所を見つけてみましょう。

一般的に漏水しやすい場所は以下の通りです。

  • トイレ
  • 浴室
  • 給湯器
  • キッチン
  • 洗面所

トイレは家の中でも漏水が発生しやすい場所です。
タンクや便器周りから水漏れすることがありますし、ウォシュレットへの給水ホース付近から水漏れすることもあります。

浴室は水を大量に使う場所なので、浴室全体が濡れている時間が長く、漏水していても気づきにくい所です。
蛇口やシャワーヘッドから水滴がしたたっていないか、シャワーホースの根元から水が流れていないかを確認してください。

給湯器から水漏れすることもあります。
多くの住宅の給湯器は屋外へ取り付けられていますが、浴室内に設置されている給湯器が時々見られます。
浴室内に取り付けられている給湯器は水漏れを起こしやすいので気をつけてください。
給湯器の安全栓と水抜き栓が漏水することが多いのでチェックしてみましょう。

キッチンの漏水は、混合水栓の根元やシンク内の給水パイプの接合部分です。
混合水栓内のバルブカートリッジやパッキンが経年劣化すること、給水パイプのナットが緩んでいることが原因で漏水することがあります。

シンク下を見ると排水パイプ付近で水漏れしていることがあるかもしれませんが、排水パイプからの水漏れは下水に関係する部分であり、上水の漏水とは関係ありません。
しかし迅速に対応すべきですので必ず修理してください。

洗面所の漏水は、混合水栓周りや給水パイプと給湯パイプ周りです。
キッチンと同じく、水栓やパイプの劣化が原因で水漏れすることがあります。

漏水が疑われる時にすべきこと

漏水している場所を見つけたのであれば、被害を最小限に食い止めましょう
水道をこれ以上浪費しないために漏水箇所に繋がる止水栓を閉めてください
止水栓は時計回りへ回すと閉められます。

もし止水栓を見つけられなかったり止水栓が硬すぎて回らなかったりするなら元栓を閉めてください。
元栓は水道メーターの横に設置されています。

漏水箇所を自分で見つけても、他の場所でも漏水していないか不安になります
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
心配な時は水道業者へ漏水調査を依頼することができますよ

水漏れ修理の前に漏水調査を業者に依頼した方がよいの?

自分で見つけられないような漏水を調査して発見してくれるのが漏水調査です。
漏水はどこで発生しているか正確に把握することが難しいため、水漏れ修理をする前に業者へ依頼した方がよいです。

具体的に業者へ漏水調査を依頼したら何をしてくれるのか、業者に依頼するメリットは何なのか説明していきます。

漏水調査って何? 

漏水調査が得意とするのは、地下の肉眼では見えない水漏れを発見することです。
どのようにして地面の中で起きている漏水を見つけられるのでしょうか。
水道業者が行う漏水調査の方法は4つあります。

  • 戸別音聴調査
  • 路面音聴調査
  • 振動調査
  • トレーサーガス調査

戸別音聴調査は水漏れの音を部分的に探す方法です。
重点的に調査する箇所は以下の通りです。

  • 水道メーター
  • 止水栓
  • 仕切弁
  • 消火栓

音聴棒を使いながら水道メーターや止水栓、そして仕切弁や消火栓から水漏れが発生していないか確認していきます。
配管の流れている水の音を高度なセンサーで調べていきます。
漏水している時に聞かれる特有の異常音を聞き分け、漏水の有無を調査する方法です。

路面音聴調査は、道路の中にある水道管の漏水調査です。
家の周りの道路などで行われます。
路面音聴調査は公共部分の漏水を調査するのが主な目的です。
より根本的な漏水問題を調査する時に行われることがあります。

振動調査は漏水探知機を使って行われ、水漏れしている箇所が引き起こす振動を探知していきます。
周りの音に左右されず、振動だけを頼りに調査するので精度が高い調査になります。
音聴調査よりも早く漏水箇所を見つけられることがあります。
漏水探知機は振動だけではなく、水漏れ音に見られる時間差を計算して漏水の位置を探る機能もあり、非常に有効な調査方法です。

トレーサーガス調査は、ガスと探知機を使って漏水箇所を探していきます
特殊な技術で漏水箇所を詳細に調べられ、漏水の原因も探ることができる方法です。
配管内へトレーサーガスを流して、ガスが出てくる位置を調べることで水漏れ箇所を特定します。

漏水調査をするメリット

修理の前に漏水調査をするメリット3つ

漏水調査をするメリットは3つあります。

  • 隠れた漏水を見つけられる
  • 漏水の程度が分かる
  • 的確な修理ができる

漏水調査をすることで隠れた漏水を見つけられます
自分で漏水箇所を見つけようとすると、専用機器を持っていないため目に見える部分しか探すことができません。
深刻な漏水トラブルを見逃してしまうリスクがあります。
プロの水道業者へ調査してもらうことで安心して暮らせるメリットがあります。

漏水の程度を正確に把握できることもメリットです。
問題を解決するには漏水箇所を見つけるだけではなく、どの程度水漏れしているか知ることが必要です。
程度が分かれば漏水の影響や、どのような修理をすべきかが分かります。

マンションに住んでいる場合、漏水調査をしなかったために知らない間に下の階へ被害が及び、賠償義務を負わなければいけなくなったケースがあります。

漏水調査をするなら的確な修理を実施できます。
水漏れは放っておくと被害が大きくなり修理費用がかさんでしまいます。
修理費用を抑えるためには、早めに漏水を見つけて的確な処置をすることが必要です。

漏水調査をするなら水漏れしている場所と程度を正確に把握でき、すべき修理内容を前もって判断しやすくなります。
事前に修理に必要な費用を知ることもできます

作業を始めた後に漏水の程度がひどいことが判明し、修理費用が予想以上に膨らむといった事態を避けられます。

以上のメリットを考えると、修理の前に漏水調査を依頼したほうがよいと言えるでしょう。

水道業者へ漏水調査を依頼した時の費用が気になります
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
一般的な漏水調査の費用相場を調べてみましょう

漏水調査を業者に依頼した場合の費用相場をチェック

漏水調査を業者に依頼した場合の費用相場は、調査方法によって変わります。

調査方法費用相場
音聴調査10000円前後
目視調査基本的に無料
漏水探知機調査15000円前後
トレーサーガス調査30000円前後

音聴棒を試用した音聴調査の相場は、10000円前後です。

専門家が目視で水が染み出している場所や、濡れている箇所を徹底的に調べる目視調査は無料の場合が多いです。

漏水探知機調査は特殊な機材を使うので費用が少し高くなり、15000円前後が相場となっています。
音聴棒より漏水探知機の方が漏水位置を正確に探せるため、費用が高くなる傾向にあります。

トレーサーガス調査は漏水探知機調査と組み合わされて行われることが多いです。
使用する機材が複数になるので費用も高くなります。

追加料金が必要なケース

漏水調査で追加料金が必要なのは、調査箇所が多くて時間がかかるケース、調査する場所の難易度が高いケースです。

マンションなどの集合住宅は、配管の数が多くて入り組んでいます
全ての配管を調べるのに時間がかかりますし、機材を運ぶ手間も余分にかかります。

調査する難易度が高いので、集合住宅の調査費用は戸建て住宅の場合より高くなってしまいます。
戸建てより1-2割ほど費用相場が割高になります。

料金減免について知っておこう

料金減免制度で修理料金が免除に

漏水調査の費用が高いと感じられた方は、料金減免制度について知っておくとよいでしょう。
水漏れ箇所が壁や床下といった見えない部分で、経年劣化が原因の場合に修理料金が免除になる制度です。

料金減免制度を利用するには、修理を行ったことを証明する書類が揃っていなければなりません。
工事を依頼した際の見積書や請求書、そして領収書があればよいです。

漏水調査の費用自体が減免になる訳ではないですが、修理の費用が減免になる制度を知っておくと助かるのではないでしょうか。

減免制度を利用したい時には、申請書と必要書類を自治体へ提出する必要があります。
申請書は自治体か水道局の公式サイトからダウンロードできます。
提出する際は修理費用を証明できる書類を添付してください。

覚えておきたい注意点は、故意に水道管を壊したケースや、明らかに所有者の過失で破損したケースには減免が適用されないことです。
自分のケースで減免が適用されるか知りたい時には、自治体か地元の水道局へ相談してください。

自治体の料金減免制度は助かります
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
築年数の古い住宅は、配管設備が老朽化していることが多いので減免制度を利用しやすいですよ

まとめ

水道代が高くなった原因は漏水かもしれません。
漏水が原因か調べるために、水道代の明細書をチェックすることや、水道メーターを確認することができます。
数ヶ月分の明細書を比較して、急激に理由もなく水道代が上がっていないか調べてください。
家中の止水栓を閉めた後も水道メーターのパイロットが回転しているか調べることもできます。

漏水してそうであれば、水道業者へ漏水調査を依頼することができるでしょう。
水道業者は専用機材を使って水漏れの音や振動を探ってくれます。
トレーサーガスを使って漏水の位置を精確に調査することもできます。
確実に漏水箇所を見つけ、漏水の程度と影響に合わせて修理内容を提案してくれます。

前もって修理の予算を立てて的確な処置をしたい人は、漏水調査を依頼することをオススメします

新着お役立ち情報