排水溝の流れが悪いのはつまりが原因?つまりを溶かす方法や修理方法

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

排水溝の流れが悪いのはつまりが原因?つまりを溶かす方法や修理方法

普段の生活を送る中で、排水溝の流れが悪いと感じたことはないでしょうか?
流れが悪いのはつまりが原因かもしれません。
排水溝がつまると流れが悪くなるだけでなく、ひどくなれば水がまったく流れなくなる可能性も考えられます。

すぐに対処しなければいけませんが、具体的にどうやって修理すれば良いのでしょうか?
ここでは排水溝のつまりについて、溶かす方法、修理方法を紹介します。
いざという時に正しい対処ができるようになっておきましょう。

排水溝の流れが悪くなる原因について

まずはじめに排水溝の流れが悪くなる原因がなんなのかを見ていきましょう。
一般的な家庭では台所やトイレ、浴室などで排水溝がありますが、そのどれもがつまるリスクを抱えています。
その原因は複数で、場所によっても考えられる原因が違ってきます。

主なつまりの原因をまとめておきます。

  • 食材カス
  • 大量のトイレットペーパー
  • 異物
  • 髪の毛・皮脂
  • 石鹸カス

以上が排水溝をつまらせる主な原因です。

たとえば油と食材カスは主に台所で見られる原因です。
どちらも料理をする時に使われ、台所にそのまま流してしまうことがあるでしょう。
これらが水に流れず、排水溝につまることで水の流れも悪くなってしまうわけです。

それでは台所、トイレ、浴室がそれぞれどんな原因でつまりを起こしやすいのかもまとめておきましょう。

台所トイレ浴室
油 大量のトイレットペーパー髪の毛・皮脂
食材カス異物石鹸カス

このような形になります。

共通しているのはどれも排水溝に引っかかりやすく、水で流れにくいということです。
少量であれば問題ないことがほとんどですが、蓄積されることでやがてはつまりの症状を引き起こします。

普段からこれらの物をなるべく流さない、もしくは正しく流すといった工夫も求められるでしょう。
同時につまりが起きた時、しっかり対処する方法を知っておくことも大切です。

排水溝の流れが悪いと感じたらつまりを疑った方がよさそうですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
つまりの原因を突き止め、正しく修理することでトラブルを解決できます

台所のつまりを解消する方法

ここからは台所に絞ってつまりを解消する方法を紹介します。
台所のつまりは上記のように油や食材カスが主なつまりの原因で、これらにどう対処するかが重要になります。

それぞれを溶かす方法、修理方法を見ていきましょう。

油が原因で排水溝がつまった時の修理方法

台所の排水溝がつまる原因としてもっとも多いのが油です。
多くの料理では油を使い、フライパンや鍋はもちろん、お皿にも油が残ります。
普段から油を排水溝に流さないよう、きちんと意識しているという人も多いと思うのですが、それでもごくわずかな油が排水溝に流れてしまいます。

油は少量であればつまりを引き起こすこともありません。
ですがわずかな油が排水溝にこびりつき、それが繰り返されることで最終的には排水溝を塞ぐほどの大きさになっていきます。
そのため油を直接排水溝に流している家庭はもちろん、そうしないよう気をつけていても油が原因でつまりを起こすリスクはあるのです。

実際に排水溝の流れが悪いと感じたり、明らかにつまっているような場合どうすれば良いのでしょうか?
油が原因と考えられる場合、お湯を使うのが手軽な方法です。
まず40度から60度くらいのお湯を用意し、それを排水溝に流します
お湯が固まった油を溶かしてくれ、流れが良くなったりつまりが解消されたりします。

油を溶かすならもっと温度の高い熱湯の方が良いと感じる人も多いはずですが、温度が高すぎるのは良くありません。
というのも、あまりに高温だと排水管や排水ホースにダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

沸騰させるのではなく、40度から60度くらいの温度にするのがポイントです。

お湯を流してみても改善が見られない場合、排水溝をタオルなどで塞いでおき、そこにお湯を流して貯めていきます。
ある程度のお湯が貯まったらタオルを取り、お湯が一気に排水溝に流れるようにしてみましょう。
お湯の勢いで油が流され、溶かすと同時に流れていくことでつまりを解消できることがあります。

食材カスが原因で排水溝がつまった時の修理方法

食材カスも台所の排水溝をつまらせる原因になります。
野菜の切れ端や食べ残しなどが排水溝に流れ込むことで発生します。
多くの食材カスはそのまま下水へと流れて行くのですが、大きいものだったりすると排水溝の中で引っかかり、そのまま残ってしまうことがあるのです。

こうなると水の流れるスペースが狭くなり、流れが悪いと感じられるようになります。
油のようにお湯で溶けることもありませんので、別な方法で修理を試みることになります。

そこで便利なアイテムが真空式ポンプクリーナーです。
真空式ポンプクリーナーはトイレでよく使われるラバーカップに似た形状をしていて、仕組みとしてもほぼ同じです。
先端のカップを用いて真空状態を作り出し、一気に対象を引っ張り出すことでつまりを解消してくれます。

使い方としては、まずシンクにお湯を貯めます。
つまりがひどいなら水が流れないので自然と貯まっていきます。
そこまでつまりがひどくなく、ある程度水が流れるような状態ならタオルを使うなどして排水溝を塞ぎましょう。

シンクに先端のカップが完全に沈むくらい水が貯まったら、排水溝にカップをあててハンドルを上下に動かしましょう。
これで真空状態になり、水が水圧の関係で一気に引き上げられます。
すると排水溝内につまっていた食材カスが水の勢いに押されて流れていくという仕組みです。

この方法であればお湯で溶けない油以外の物がつまった時も対応が可能です。

つまりの原因によって適した修理方法があるんですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
台所では油や食材カスによるつまりが多く、これらに対処することでつまりも解消されます

トイレのつまりを解消する方法

次にトイレのつまりを解消する方法を見ていきましょう。
トイレのつまりの原因としては、トイレットペーパーと異物が挙げられます。
特にトイレットペーパーが原因でつまることがほとんどで、多くの人が既に経験しているのではないでしょうか?

トイレットペーパーがつまった時、それ以外の異物がつまった時、それぞれの修理方法を紹介します。

大量のトイレットペーパーが原因で排水溝がつまった時の修理方法

1度に大量のトイレットペーパーを使ってしまうと、流れきれずに排水溝でつまってしまうことがよくあります。
トイレットペーパーは水に溶けやすくつまらないように作られていますが、それでも量が多すぎるとどうしてもつまってしまうことがあるわけです。

トイレットペーパーが原因の場合、ラバーカップを使うのが有効です。
実際、トイレのつまりをラバーカップで解消したという人も多いはずです。
使い方も簡単で、ラバーカップをトイレの奥にあてて上下に動かすだけです。
これでカップがつまっているトイレットペーパーを吸引し、つまりを解消してくれます。

注意したい点としては、ラバーカップを使うと水が飛び散ることがあるという点でしょう。
事前にトイレの床に新聞紙を敷くなどして対策をしておくのがおすすめです。

異物が原因で排水溝がつまった時の修理方法

トイレでは異物を落としてしまってつまらせてしまうというケースも見られます。
特に近年になって増えているのがスマホを落としてしまったというトラブルです。
トイレ内にスマホを持ち込むという人も多く、何かの拍子にトイレに落としてしまう形です。

こうした異物が排水溝に流れ込むと、多くの場合は途中で引っかかってしまいつまりを起こします。
異物が目に見える浅い場所に引っかかっているなら直接手で取り出すこともできますが、見えない深い場所でつまってしまうと大変です。

排水管を取り外すなどして異物を除去する方法もありますが、こうした作業を私達が行うのは困難で現実的ではありません。
もし異物が原因であり、かつ異物を除去するのが難しいと感じられる場合、無理をせずに業者に修理を依頼しましょう。

厄介なつまりもプロである業者ならしっかりと対応してくれます。
自分ではどうしようもないという時は業者に修理を依頼する、これも重要なことです。

原因によっては自分で修理するのが難しいこともあるんですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
自分で修理するのが無理だと感じたら業者に依頼して修理してもらうことが大切です

浴室のつまりを解消する方法

浴室の排水溝がつまる原因としては、髪の毛や皮脂といった人間の体から出るものと、石鹸カスが挙げられます。
どちらも浴室では必ず出てしまうものであり、ある程度対策は可能ですが、気をつけていてもつまってしまうことはあります。
だからこそつまった時にどう修理するか方法を知っておくことが大切でしょう。

髪の毛・皮脂が原因で排水溝がつまった時の修理方法

浴室の排水溝には髪の毛や皮脂が流れ込みます。
髪の毛が流れないようにするネットなども販売されていて、対策をしているという人もいるかと思います。
こうした対策をしていない場合はもちろん、していてもわずかな髪の毛が流れ込んだり、ネットでは止めきれない小さな皮脂などが流れ込んでいきます。
そして徐々に蓄積していき、やがてつまりを引き起こします

髪の毛と皮脂が原因ですので、これらを取り除けばつまりも解消されるわけですが、そこで有効なのがワイヤーブラシです。
排水溝を掃除するためのワイヤーブラシが市販されていて、曲がりくねった排水溝にもしっかり対応できるように作られています。

排水溝にワイヤーブラシを入れ、排水溝内部を掃除するように動かします。
こうすることで髪の毛がブラシに掻き取られ、同時に皮脂汚れも落としてくれます。

十分に髪の毛や皮脂が除去できたら、仕上げにお湯を流してみましょう。
お湯がスムーズに流れればつまりが解消されている証拠ですし、お湯を流すことで細かな髪の毛や皮脂を綺麗に流せます。

ワイヤーブラシはホームセンターなどで購入できるので入手も難しくなく、使い方も簡単です。
急に浴室排水溝の流れが悪いと感じたら、まずはワイヤーブラシで掃除をしてみましょう。
これだけでもつまりが解消され、水やお湯が綺麗に流れるようになる可能性は高いです。

石鹸カスが原因で排水溝がつまった時の修理方法

浴室で体や顔、髪を洗うためにさまざまな石鹸を使います。
固形石鹸をはじめ、ボディソープやシャンプー・リンス、洗顔料などです。
これらも排水溝をつまらせる原因になってしまいます。

どれもお湯に溶けやすい性質を持っているため、少量であればつまることもほぼありません。
ですが台所での油と同じように、わずかな石鹸カスが排水溝内に蓄積されることでやがてはつまりの原因となります。

こうした石鹸カスがつまりの原因だと考えられる場合は、パイプクリーナーで溶かす方法を試してみましょう。
お湯でも溶けてつまりが解消される可能性はありますが、普段からお湯を使うことの多い浴室でつまりが起きている場合、お湯では不十分なことも増えます。
そこで専用のパイプクリーナーを使い、より強力に石鹸カスを溶かすわけです。

パイプクリーナーを使う場合、まずは排水溝にパイプクリーナーを流し込みます。
使用量は各パイプクリーナーで違い、パッケージなどに具体的な量が書かれているはずですのでそちらを参照しましょう。
後は決められた時間放置し、最後に水で流します。

特殊な成分で石鹸カスをはじめとしたつまりの原因を溶かし、流してくれます。
当然ですがお湯よりも強力ですし、十分な効果を期待できるでしょう。

また、パイプクリーナーは浴室だけでなく台所用やトイレ用なども販売されています。
たとえば油が原因ならお湯で溶かすという修理方法を紹介しましたが、パイプクリーナーを使用してもかまいません。
幅広く使えて利便性が高いのもパイプクリーナーの特徴でしょう。

自分で修理できない場合はどうすればいい?

排水溝の流れが悪い原因がつまりの場合、必ずしも自分で修理できるとは限りません。
トイレで異物がつまった時にも触れましたが、自分で修理するのが難しい場合は業者に依頼することになります。

もちろん、自分で修理可能な状況でも業者に依頼してしまってもまったく問題ありません。
むしろプロに修理してもらうことで余計なトラブルの心配もなく、より確実な修理を期待できます。

排水溝の流れが悪いと感じた時はまず原因を探ってみて、自分で修理できそうかを判断し、必要に応じて業者に依頼することが大切です。

自分で修理する場合のメリット・デメリットと、業者に依頼する場合のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

自分で修理する業者に修理を依頼する
メリットメリット
費用を最小限に抑えられるどんなつまりもしっかり解消してくれる
デメリットデメリット
修理できない可能性がある・手間と時間がかかる費用がかかる

以上がそれぞれのメリット・デメリットです。

これらも踏まえたうえで自分で修理するか、それとも業者に依頼するかを検討してみましょう。
メリットとデメリットを知っておけば、自分で修理するのがベストか、業者に修理してもらうのがベストかを正しく判断できます。

業者の選び方について

水回りのトラブルに対応してくれる業者はたくさんあり、修理を依頼することになればどの業者を選ぶかも重要になってきます。
選ぶ業者によって料金も違いますし、技術力なども違ってきます。
迅速に、かつしっかりと修理してくれ料金も安いのが理想的ですが、そんな業者はどうやって探せば良いのでしょうか?

まず料金面ですが、料金をできるだけ抑えたい時は複数の業者に見積もりをしてもらいましょう
見積もり結果を比較することで、安く修理してくれる業者を見つけやすくなります。

たとえば台所の排水溝がつまったとして、A・B・Cの3社に見積もりを依頼したとします。
見積もりの結果、A社は1万円、B社は1万5千円、C社は2万円という料金を提示してきました。
単純に料金で決めるなら、A社がもっとも安く優れているということになります。
このように複数の業者に見積もりをしてもらうことで、簡単に料金の比較が行えます
できれば複数業者に見積もりを依頼し、料金の比較から始めましょう。

技術力の比較はなかなか難しいのですが、過去の実績が参考になります。

過去の修理件数をホームページなどでチェックできれば、信頼できる業者かの判断も可能です。

自分で修理することだけを考えるんじゃなく、業者に依頼することも検討した方が良いんですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
それぞれメリットとデメリットがありますので、自分にとって最適な方法を選択するようにしましょう

まとめ

排水溝の流れが悪いと感じた時は、つまりが原因かもしれません。
つまりの原因を溶かすなどして解消できれば、排水溝の流れも改善されます。
まずは何が原因になっているのかを調べ、原因ごとに最適な修理方法を試してみましょう。

自分で修理できそうなら自分でやってしまうのも方法の1つですが、業者に修理を依頼するという選択肢もあります。
自分で修理するのが難しい場合、時間や手間をかけたくない、確実にトラブルを解消したいという場合は、見積もりも上手に活用しながら業者選びをしてみましょう。
信頼できる業者に任せることで、スムーズにトラブルを解決できます。

新着お役立ち情報