排水溝のつまりをできるだけ安く業者に依頼するコツや業者選びのポイント

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

排水溝のつまりをできるだけ安く業者に依頼するコツや業者選びのポイント

排水溝のつまりは家庭内でもよく起こるトラブルの1つです。
ある時、急に台所の排水溝から水が流れなくなってしまうことがありますが、これはつまりが原因と考えられます。
こうした排水溝のつまりを解消するには業者に対応してもらうのがベストな方法です。

では実際にトラブルが起きた時、どうやって業者選びをすれば良いのでしょうか?
ここでは業者選びのポイントをはじめ、できるだけ安く依頼するコツも紹介します。
安くしっかり修理してくれる業者を見つけ、迅速にトラブルを解決できるようになりましょう。

排水溝のつまりは何が原因?

キッチンの排水溝、つまりの原因は?

まず最初に排水溝がつまる原因について確認しておきましょう。
家庭の排水溝はさまざまなことが原因でつまりを起こします。
代表的な原因は以下の通りです。

  • 食材
  • 異物

基本的には上記3つのうちどれかがつまりの原因になると考えて良いでしょう。
それぞれがなぜつまりを引き起こすのか詳しく解説します。

油によるつまり

つまりの原因としてもっともよく見られるのが油です。

普段、料理をする際など油を使う機会も多いはずですが、使い終わった油を台所にそのまま捨ててしまうことも少なくありません。
また、なるべく油は捨てないようにしていても、食器などに付着した油が徐々に排水溝に溜まっていき、やがてつまるということもあります。

いずれにしても排水溝に油が溜まるとつまりの原因になります。
油が固まって排水溝のスペースを狭くし、水が流れなくなってしまうのです。

食材によるつまり

食材もつまりの原因になります。
野菜を切った時の切れ端や食べ残しなど、意外に多くのものが台所の排水溝にそのまま捨てられています。

通常こうした食材は水に押されてそのまま流れていくことが多いのですが、サイズが大きかったり、小さなものでも大量に流されたりすると排水溝でつまってしまうことがあります。
こうなると水も流れなくなりつまりを起こすわけです。

食材は水に溶けることもありませんので、1度つまってしまうとしっかり対処しないと自然に解消されるということはあまりないでしょう。

異物によるつまり

油や食材などでなく、本来なら排水溝に流さないような異物を流してしまうことでもつまりが起きます。
たとえばペットボトルのキャップを落としてしまったというケースがよく見られます。
キャップは小さく落としやすいうえ、排水溝に流れていってしまうことも珍しくありません。
そして排水溝の中で引っかかりつまりを引き起こします。

ペットボトルのキャップ以外でも、排水溝に入ってしまうようなサイズの物であればうっかり落としてしまうとつまりの原因となります。

色々なことが原因で排水溝はつまるんですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
普段の生活でもいつつまるかわかりませんので、いざという時スムーズに対処できるようにしておきましょう

自分で修理は可能か?

油や食材、異物などによって排水溝のつまりが起きた場合、自分で修理することは可能なのでしょうか?
結論から言うと、つまりの原因によって修理の難易度は変わってきます

原因ごとに自分で修理が可能かどうか、その難易度を簡単にまとめておきます。

原因自分での修理
比較的簡単
食材難しい
異物難しい

以上のようになります。

油が原因の場合、お湯や洗剤で油を溶かせればつまりも解消されるため、自分で修理可能なケースも少なくありません。

パイプ洗浄剤の効果的な使い方!

ただし、油が固まっているとお湯や洗剤では溶けず、業者に依頼しなければいけないことも出てきます。

軽度なら自分でも修理が可能という認識が正しいでしょう。

食材や異物に関しては水や洗剤で溶けず、1度詰まってしまうと自分で修理するのは困難です。
これらが原因の場合は業者に依頼するのが無難でしょう。

無理をせずに業者を頼ったほうが良さそうですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
自分で修理できそうならチャレンジしてみても良いですが、無理だと感じたら業者に依頼するのが良いと思います

排水溝のつまりで業者選びをする際のポイント

なんらかの原因で排水溝がつまった場合、自分で修理するのは難しいケースがほとんどです。
そうなるとプロである業者に依頼して修理してもらうことになりますが、たくさん存在する業者の中からどうやって依頼する業者を選べば良いのでしょうか?
ここからは業者選びのポイントについて解説します。

ポイントはいくつかあり、下記の通りです。

  • 過去の実績
  • 料金は明確か?
  • 料金が安すぎないか?
  • 見積もりは無料でしてくれるか?

以上のような点に注意しながら業者選びをすると、失敗の可能性が少なくなり、頼れる良い業者を見つけやすくなります。

これらのポイントがなぜ重要なのか、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

過去の実績について

現在、日本全国に排水溝のつまりを修理してくれるような水道業者はたくさんあります。
その中から1つを選ぶための基準として過去の実績が挙げられます。

多くの業者はホームページを開設していますが、業者によっては過去の実績を具体的な数字で記載しています。

たとえば過去5年で何件の修理をしてきたといったような形です。

業者選びのポイントは1つではありませんが、実績が豊富な業者ほど単純に多くの人に利用されている、技術がある、人気が高いと推測できます。
やはり実績がないよりはあった方が良いのは間違いなく、経験が豊富ということはそれだけノウハウが蓄積されているということでもあります。

実際に修理にあたるスタッフも技術力が高いことが多く、業者選びをする時はホームページで実績についてもチェックしてみましょう。

料金を明確に知らせてくれるかどうか

排水溝のつまりを修理してもらう場合、まずは見積もりをしてその後に具体的な料金が知らされます。
この時、料金を明確に知らせてくれるかも信頼できる業者を見つけるために重要です。

たとえば、修理に2万円かかるトラブルがあったとしましょう。
良い業者は見積もりを行い、2万円の内訳まで含めて詳細に説明をしてくれます。
部品代にいくら、作業代にいくら、人件費にいくらといった具合です。

ですが業者の中にはこうした説明をせず、ただ2万円かかりますとしか言わないところもあります。
こうなると何に2万円かかるのかこちらはわかりません。
なぜ2万円なのかわからないままお金を支払い、修理をしてもらうことになってしまいます。

料金が安いことも大切ですが、同時になぜその金額なのかを教えてくれるかどうかも大切です。

料金が安すぎる場合は注意

修理を依頼する側である私達からすれば、修理費用は安いに越したことはありません。
ですがあまりに安すぎるのも注意が必要です。
あまりにも料金が安い場合、悪質な営業をしている業者の可能性が出てくるからです。

というのも最初は安い料金を提示しておいて、いざ修理が終わると追加の工事が必要だったとか、想定外のトラブルが起きたといった理由で、追加料金を請求してくるような業者も存在します。

結果的に他の業者に依頼するよりも高く付いてしまったなんてこともあり得ます。

こうした悪質な業者は稀ではありますが実際に被害の報告もあり、注意はするべきでしょう。
他の業者と比べてあまりにも料金が安い場合、なにか裏があるかもしれないと考え慎重に判断しましょう。

料金の内訳について聞いてみたりして、納得できるかどうか確認するのも大切です。

評判のいい業者に共通の3つの特徴とは?

見積もり無料だと安心

排水溝のつまりを修理する場合、まずは見積もりを行います。
業者が実際に状況を確認するなどして、具体的な料金を計算するわけです。
この見積もりですが無料でやってくれる業者もいれば、有料としている業者もいます。

見積もり有料の業者がダメというわけではないのですが、やはり無料でやってくれると費用負担も少なく、こちらとしては安心です。

修理そのものにもある程度のお金が必要になりますので、見積もりまで有料だと経済的にもなかなか大変です。
気軽に相談するためにも、見積もり無料で対応してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

なんとなくで業者選びをするんじゃなく、基準を設けて選ぶことが大切なんですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
上記のようなポイントに注意していれば自然と良い業者を選べるようになります

修理料金をできるだけ抑えるにはどうすればいい?

ここからは業者に排水溝のつまり修理を依頼する時、できるだけ料金を安く抑える方法を紹介します。
同じ修理をするのであっても業者ごとに設定している料金は違います。
安い業者を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか?

料金を抑えるためにとても重要なことの1つが相見積もりです。
相見積もりというのは、複数の業者に見積もりを依頼し、その結果を比較するという方法のことです。

たとえばA・B・Cという業者があったとして、これら3社すべてに見積もりの依頼をします。
すると3社それぞれが見積もり結果を提示してくれることになりますが、結果を比較すればどこが安く修理してくれるのかが簡単にわかります。
Aが1万円、Bが8千円、Cが1万2千円という見積もり結果だとしたら、Bに依頼するのがもっとも安く済みます。

このように修理料金を抑えるためには、できるだけ多くの業者に見積もりをしてもらい、結果を比較する相見積もりが重要です。

面倒に感じられるかもしれませんが、1社にだけ見積もってもらうようなことは避け、候補となる業者すべてに見積もりをしてもらいましょう。

単純に料金を比較できるだけでなく、相場が見えてくるというメリットもあります。
実はこの相場もとても重要なポイントです。

修理料金をできるだけ抑える方法とは?

料金の相場について

業者ごとに料金の設定が違うとはいえ、実際に料金を比較するとそれほど大きな差は見られません。
それは相場があるからです。

業者としても料金を安くできた方が集客効果が期待できるためメリットですが、修理に必要なコストも考慮すると極端に安くすることはできません。
安くしすぎると赤字になってしまうからです。

結果としてどこの業者であってもある程度近い料金に落ち着くのですが、その平均的な金額が相場と言えます。

相見積もりには相場を調べるという意味合いもあります。
複数の業者に相見積もりを依頼し、各業者の提示してきた金額を平均することで相場が見えてくる形です。

たとえば相場が2万円だとしたら、料金が2万円に近い業者ほど相場通りの料金設定をしていると言えます。
2万円より安いなら割安で修理してくれる業者、2万円より高いなら割高な業者と考えられます。

先程紹介したようにあまりにも安いのはリスクもありますが、相場を知ることで割安な業者を探せるのは間違いありません。

私達からすれば排水溝のつまりを修理する際の費用相場は普段意識することがなく、わからないということがほとんどです。
だからこそ相見積もりを行い、まずは相場を把握することが求められます。

相場を把握することで適切な料金がいくらくらいかを知ることができ、同時に料金面で悪質な業者を候補から除外できます。

排水溝のつまりを修理する料金の相場は?

排水溝つまり 修理料金の相場は?

相見積もりによって相場を把握できると紹介しました。
ここではより具体的に、排水溝のつまりを修理する場合の料金相場がどのくらいなのかを見ていきます。

排水溝のつまりはいくつかの原因が考えられ、原因によって修理の方法も変わってきます。
つまり原因次第で料金も変わるということです。

排水溝のつまりを修理する方法としては、以下の方法が一般的です。

  • 特殊な洗剤を使う
  • 高圧洗浄機を使う
  • 排水ホースを交換する

以上3つの方法が主流なのですが、それぞれで料金が変わるわけです。
1つ1つの相場を知っておくことで、より明確に各業者の料金について判断できるようになります。

まずはそれぞれの料金について、表でまとめておきます。

修理方法料金
特殊な洗剤を使う安い
高圧洗浄機を使う高い
排水ホースを交換する中間

といった形になります。

後ほど詳しく紹介しますが、特殊な洗剤でつまりを解消できる場合は料金も安くなることがほとんどです。
高圧洗浄機を使う場合は高くなり、排水ホースの交換はその中間くらいの料金です。

次の項目では各修理方法について、料金の相場を具体的に見ていきます。

特殊な洗剤を使う修理の相場

特殊な洗剤を使う修理は、主に油が原因でつまりを起こしている場合に行われます。
業務用の特殊な洗剤でこびり付いた油を落とす仕組みです。

油によるつまりはもっとも一般的で、かつ修理も比較的簡単です。
洗剤を流せば自然と油が溶けてつまりも解消されるため、修理にかかる料金も他と比べて安いのが特徴となります。

具体的な相場ですが、およそ4千円から8千円くらいが目安です。
1万円かからないことが多いでしょう。
実際に見積もりをしてもらった時、この範囲に収まっていれば適切な料金で修理してくれる業者と考えることができます。

高圧洗浄機を使う修理の相場

高圧洗浄機は洗剤では落ちない油などを落とす際に使われます。
文字通り高圧の水を流すことで汚れを落とす方法です。
特殊な機器を使うということで料金も高めになっていて、相場は1万5千円から3万円ほどです。

かなり高額になるケースもあり、内訳について確認すると同時に、各業者の見積もり結果をしっかり比較しなければなりません。

それだけつまりの状況が深刻ということでもあります。

排水ホースを交換する修理の相場

異物がつまるなどして、洗剤でも高圧洗浄機でも修理が難しいような場合、排水ホースを交換してしまうこともあります。
作業としてはもっとも大掛かりなイメージですが、料金的には高圧洗浄機よりも安く済むことがほとんどです。
相場としては1万円ほどです。

洗剤を使った方法よりは高く、高圧洗浄機を使った方法よりは安くなるというイメージでよいでしょう。

業者の説明をしっかり聞くことも大事

ここまで排水溝のつまりを修理する際の相場を紹介しましたが、具体的な料金は個別に計算されるため必ずしも相場通りとは限りません。
症状の程度によって料金がさらに安くなることもあれば、逆に高くなることもあります。

修理を依頼する時は業者の説明をしっかりと聞き、納得したうえで修理してもらうことがポイントです。

納得できない場合はさらに説明を求めたり、他の業者に依頼することを検討するなどしましょう。
納得しないまま修理を進めるとトラブルの原因にもなります。

修理の相場を把握したうえで信頼できる業者を選ばないといけませんね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
相場で適切な料金かをチェックしつつ、やり取りの中で信頼できる業者かもチェックできるのが理想です

まとめ

排水溝のつまりは自分では修理できず、業者に依頼するケースが多くなります。
料金がかかりますので、相場の範囲内に収まっているかを相見積もりで判断しましょう。
相見積もりをすることで料金を安く抑えることができると同時に、信頼できる良い業者も見つけやすくなります。

複数の業者に見積もりをお願いするのは面倒ではありますが、結果的に料金を安く抑えスムーズなトラブル解決に繋がります
もしも排水溝のつまりが起きてしまったら、まずは複数の業者を候補に上げ、そこから相見積もりなどで絞っていきましょう。

新着お役立ち情報