マンションの排水管のつまりは早めの連絡がカギ?起きがちなトラブルとは

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

マンションの排水管のつまりは早めの連絡がカギ?起きがちなトラブルとは

マンションの場合、構造上一戸建てよりも排水管のつまりは生じにくいです。
水や汚れが縦にストンと落ちていく構造になっていることから、生活起因のゴミなども溜まりにくいという特徴があります。

ただし万一つまりが発生した際は、一戸建てより厄介です。
集合住宅ですから他の住戸への影響も心配しなければならず、自分の住戸だけの問題でなくなってくるからです。

トラブルを生まないためには、早めに連絡するのがカギとなります。
マンションでつまりが発生した際に知っておくべきことを解説します。

そもそも排水管がつまる原因は?

まずはどうして排水管がつまるのか見ていきましょう。


原因としては、マンションと戸建てで大きな違いはありません。
どちらのケースでも生活に起因してつまりが発生するか、自然災害などで大きな衝撃が加わったことでつまりが起こるのが一般的です。
また木の根が排水つまりを引き起こすこともあります。
それぞれのケースについて具体的に見ていきましょう。

排水管つまりは生活に起因するケースがほとんど

排水管のつまりで最も多いのが、生活に起因してつまるケースです。
結局のところ普段私たちは毎日のように水回りの設備を使っています。
よって排水管も毎日必ず役割を果たすことになります。

最初のうちは排水管も綺麗ですが、長期間使い続けているうちに汚れてくるのはある意味当然のことです。

排水管内部は目に見える部分ではないため気が付きにくいですが、日々の使用によって汚れは蓄積されていきます。
このように生活起因の汚れはつまりの元になるため、予防として普段からお手入れをしておくことが望ましいです。

ちなみに一言で生活による汚れといっても、箇所によって汚れの性質は少し異なります。

どの場所でどんな汚れが生じやすいのか、深堀して見てみましょう。

キッチンのつまり

キッチンは調理で油を用いるため、つまりやすい箇所になります。
排水口に揚げ物の油をそのまま捨てたりしなくても、調理した後のフライパンや鍋には油が残っているものです。
完全に拭き切ることなく洗ってしまうと、油が排水管へと流れていきます。
油は冷えることで固まりますので、油汚れが一番の原因です。

またキッチンの場合は食材のカスもつまりを誘発する要因になります。
受け皿でキャッチしきれなかった小さな食材のカスが、先ほどの油と絡みあってつまりの核を作っていきます。
次第にその核がどんどん大きくなっていくことで、排水管を完全に塞ぎ切ってしまい、つまりを引き起こすのです。

親レンジャー
親レンジャー
食器用洗剤もつまりの原因になりますよ
そうなんですか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
はい、食器用洗剤は水で溶けきれません。その他の汚れと一緒に少しづつ蓄積されていきます。

トイレのつまり

トイレは洗剤を使う頻度はキッチンほど多くありません。
また、油を捨てるようなこともないため、ヌメリが強いヘドロのようなつまりは発生しにくいです。

一方でトイレのつまり原因として多いのが、大量のトイレットペーパーになります。
一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと水に溶けきれないため、しっかりと流れません。
排水管の途中でつまってしまいます。

特に節水のためタンクにペットボトルを入れるなど、故意に水量を減らす調整をしている場合は要注意です。
水の勢いが落ちてしまうため、少しのトイレットペーパーでもつまりやすくなります。

他にも、トイレではおむつや生理用品が原因でつまりを起こすことがあります。
また、スマホなどの固形物もうっかり落としてしまいやすい場所ですから、そのまま流してしまうとつまりの直接的要因となるでしょう。

浴室・洗面台のつまり

浴室や洗面台のつまり原因としては、髪の毛や体毛が圧倒的に多いです。
受け皿に引っかかった髪ゴミをきちんと取っているつもりでも、受けきれずに排水管へ流れてしまうことがあります。
そのような髪ゴミが蓄積されていき、そこに石鹸カスなどがくっつくことで粘り気が増し、つまりの元を形成してしまうのです。

この汚れがどんどん膨らむと、完全に排水管を覆ってしまい水を通せません。
つまりの直接的原因となるため、出来るだけつまりの核が小さいうちに対処することが大事でしょう。

また、浴室や洗面台は意外と固形物も落としやすい場所になります。
たとえばヘアピンやカミソリの刃、他にも詰め替え用シャンプーのキャップや切れ端などが多いです。
このような固形物は髪ゴミに引っかかるため、うっかり流してしまうとつまりがどんどん大きくなってしまいます。

構造上マンションは戸建てよりつまりにくい

ここまで生活起因のつまりについて見てきました。
日々の使い方が原因でつまりを引き起こす点は、一戸建てでもマンションでも違いはありません。
油汚れや髪ゴミなどが蓄積されればその分つまりは生じやすくなるため、毎日のお手入れが大事になります。

とはいえつまりやすさとしては、マンションより戸建ての方が上です。
なぜかと言いますと、これは構造的な問題があげられます。

マンションの場合、ご家庭で使用した水は他の住戸とまとめて縦管へと合流します。
高さがあることから縦管の角度は垂直に近く、それゆえに勢いよく水が流れるため汚れが蓄積しにくいです。
一方で戸建てはマンションと比較すると高さがないため、横管がメインとなります。
横方向の動きが多く、水が緩やかに下水へと合流することなるため、勢いが弱くつまりやすいです。

このように構造上の理由から、つまりを引き起こしやすいのは一戸建てになります。

災害や木の根がつまりの原因となることも

つまりの原因は日々の生活に関連するものだけではありません。
自然災害によるつまりもあり、たとえば地震の時など瞬間的に激しい振動が生じると、排水管の勾配が変わってしまうことがあります。
勾配変化によって排水管の向きが変われば、水の流れに支障をきたすためつまりが発生します。
また状況次第ではつまるだけでなく、逆流を引き起こすこともあるため、突然の衝撃はリスクが高いです。

他にも、木の根によってつまりが生じることもあります。
木の根は水がある方へと伸びる性質のため、近くに排水管があればそこに向かっていきます。

排水管同士のつなぎ目など、わずかな隙間からでも進入できるので、木の根が入り込んでしまうことがあるのです。

一旦入り込んだ木の根が成長してしまうと、排水管をすっぽりと覆ってしまいます。
こうなると完全に塞がれて水の通り道がなくなるため、つまりを引き起こします。

マンションでつまりが発生したらどうするの?

マンションでつまりが起きた場合、連絡先は一戸建てと異なります。
一戸建てでは水道業者を呼ぶことになりますが、マンションですとまずは管理会社への連絡が必須です。
また自分の住戸だけでなく他の住戸へ影響が出る可能性もあるため、早めの連絡が大事です。

マンションでつまりが発生した際はどのように連絡したらよいのか、見ていきましょう。

まずは管理会社へ連絡を

マンションで排水管つまりが生じた場合は、まずは管理会社へ連絡しましょう。
賃貸なら管理会社か大家さん、持ち家のマンションなら管理組合へ問い合わせるとよいでしょう。

自分の判断で修理の実施を決めず、基本的には管理会社の指示に従うのが一番です。
つまりは放置しても状況は改善しませんし、余計に被害が広がります。
そのためつまりが起きてることに気が付いたら、なるべく早く連絡を入れて方針を決めてもらうようにしましょう。

いきなり業者へ修理依頼するのはNG

つまりが起きると慌ててしまい、一番に水道業者へ連絡することを考えがちです。
しかしマンションの場合は、自分で修理を手配しない方がよいでしょう。
一戸建てなら自分の裁量で修理業者の手配を決められますが、マンションの場合は自分自身で判断ができません。

賃貸ですと入居時の規約で、勝手に修理をおこなうのはNGとなっていることがあります。

自分の判断で業者を呼んで修理してしまうと規約違反となるため、後々大きなトラブルに発展する可能性があるでしょう。

また管理会社によっては、お抱えの水道業者が存在することもあります。
普段から修理をしてもらっている業者の方が何かと理解しているため、修理が早く終わります。

管理会社側としての考えもあるため、まずは管理会社へ問い合わせて方針を伺うようにした方が無難です。

連絡しないとトラブルに発展することも

マンションなどの集合住宅でつまりが発生した場合、早めに連絡を入れないとトラブルになることがあります。
管理会社へ連絡しないまま修理をおこなってしまうと、本当に正しく修理が実施されたのか判断がつきません。
よって退去時に揉める可能性が出てきます。

また万一指定業者以外が修理をおこない不具合が生じた場合、補償の問題を抱えることになります。

いずにれしろ、管理会社が知らないまま修理をして何か問題が起きた時は、損害を自己負担で補わなければいけません。

大きな負担を抱えることになるため、トラブル回避のためにも早めに状況を管理会社へ伝えておくのが得策です。

他の部屋へ被害が及んだ場合

マンションの場合は戸建てと違って、つまりが発生した場合他の部屋へも被害が及ぶ可能性が高いです。
他の住戸と合流して縦管へと向かうため、自分の住戸だけでなくマンション全体の問題に発展することもあります。

もし他の部屋に被害が及んだ場合はその補償もしなければなりません。
金銭的な負担も大きくなりますので、やはり早めに管理組合に伝えた方がよいでしょう。

ちなみに分譲マンションの場合、つまりが生じた箇所によって責任の所在が変わってきます。
下記をご覧ください。

専有部分でのつまり居住所の責任
共有部分でのつまり管理組合の責任(マンションの住居人全員で負担)

このように専有部で発生したつまりは、そこの住人に責任が生じます。
よって専有部でつまりが生じて他の部屋にも影響が出た場合は、自分で相手にも賠償しなければなりません。

一方共有部の問題だった際には自分に責任の所在はありません
賃貸ですと、経年劣化が原因の場合など自分の過失でなければ、修理費用は基本的に大家さんや管理会社が負います。
逆に固形物を落とした際など自分に責任がある際は自己負担となるのが一般的でしょう。

状況を記録しておこう

つまりが発生した際に、ケース次第では保険が使えることもあります
使える保険の種類としては、以下です。

  • 火災保険
  • 個人賠償責任保険
  • 家財保険

予期せぬ事故によるつまりの場合ですと、火災保険が使える可能性があります。
また自分の住戸が原因で相手のものに損害を与えた際には個人賠償責任保険、家財にまで被害が及んだ際には家財保険が適用されます。

いずれにしろ、保険適用可否と補償範囲は契約内容次第です。
適用されるか否かは調べてみなければ分かりません

親レンジャー
親レンジャー
もちろん保険適用となる可能性も十分にあるため、状況を記録しておくとよいですよ
どのように記録すればよいですか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
写真や動画に残しておくのがおすすめです

排水つまりの解消法は?

軽い排水つまりであれば、ちょっとしたお手入れで直る可能性があります。
そのためまずは解消法を試してみてから連絡しても良いかもしれません。

また、日常的につまり解消法を実施しておくことは、つまり予防としても有効です。
普段のお掃除プラスアルファでできる方法がたくさんありますので、簡単なつまり解消法について知っておくとよいでしょう。

つまりの状態によって対処法は異なる

つまりの解消法はいくつかありますが、つまりの状態に合わせて選択するのがおすすめです。
たとえばヌメリのような粘り気のあるつまりと、固形物が原因のつまりでは、つまりの性質が異なります。
同じ解消法を用いた際に、効果的につまりが直る場合もあれば、いまいち効き目を感じられないといった状況が生じることもあるわけです。

どの方法も比較的手軽に試せるものではありますが、効率的につまりを解消させるには合ったものを選ぶのが1番です。
下記の表を参考に、どの解消法を試すか考えてみましょう。

ヌメリによるつまり髪の毛によるつまりトイレットペーパーによるつまり頑固なつまり
重曹とお酢・液体パイプクリーナー液体パイプクリーナーラバーカップワイヤーブラシ

液体パイプクリーナーを使う方法

まず定番なのが液体パイプクリーナーを使う方法です。
洗面所やお風呂場でつまりが発生した際に、まず真っ先に思いつく解消方法ではないでしょうか。

使い方としては次の通りです。

  1. 受け皿や排水トラップを外して綺麗な状態にする
  2. 液体パイプクリーナーを指定量流しいれる
  3. そのまま少し放置する
  4. 時間が経ったら、パイプクリーナーを水で完全に流しきる
  5. 外しておいたパーツ類を元に戻す

注ぎ込む量に関しては製品によって指定があるため、従うようにしましょう。
また放置しておく時間も製品により違いますので、きちんと確かめてから使うのがポイントです。

きちんと指定量及び指定時間を守らないと排水管を痛める原因になります。

お酢と重曹を使う方法

お酢と重曹を使ってつまりを解消する方法もあります。
どちらもご自宅に常備している家庭が多いでしょうから、わざわざ揃えなくても簡単に試せる方法です。

手順は以下になります。

  1. きちんと排水管の汚れを落とすため、受け皿や排水トラップは外しておく
  2. カップ1杯分の重曹を排水口に振りかける
  3. 重曹の上から、重曹の2倍量にあたるカップ2杯分のお酢を振りかける
  4. 泡が出てくるためそのまま少し放置する
  5. 30分程度経ったら水でしっかりと流す
  6. 外したパーツ類を取り付ける

お酢の代わりにクエン酸を代用することもできます。

クエン酸の方がお酢よりもニオイがまろやかなため、ツンとしたニオイが苦手な場合にはクエン酸にするのがおすすめです。

ラバーカップを使う方法

大量のトイレットペーパーなどがつまった場合は、ラバーカップを使う方法が向いています。

ラバーカップとは何ですか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
いゆわるスッポンですね。トイレのつまり解消グッズとしておなじみです

ラバーカップの使い方としては、以下のとおりです。

  1. 汚水が飛び散る可能性があるため、周囲を新聞紙などで養生する
  2. 排水口にカップをしっかりと押し付けるように密着させ、圧をかける
  3. しっかりとくっ付けたら、今度は一気に引っ張る
  4. バケツなどでゆっくりと水を流し、流れがスムーズになっているか確認する

ラバーカップを用いる際は、排水口のサイズに合ったものを選びましょう。
きちんとサイズがあっていないと密着できないため、思うような効果が得られません。

真空式パイプクリーナーを使う方法

ラバーカップをさらに強力にしたものが、真空式パイプクリーナーです。
持ち手があるためラバーカップよりも掴みやすく、さらに頑固なつまりに対応できるようになっています。

使い方は以下になります。

  1. 受け皿や排水トラップを外して排水口が見える状態にする
  2. カップを排水口にぴったりとくっつける
  3. レバーを引いてカップ内を真空状態にする
  4. 真空式パイプクリーナーを抜いていく
  5. つまりが解消したら水をゆっくりと流し、流れていくのを確認する
  6. 外していたパーツ類を戻す

まとめ

マンションでつまりを起こすと、他の部屋にも被害が及ぶことがあります

また一戸建てなら責任の所在は自分自身と明確ですが、マンションですと自分の住戸ではなく他の住戸に問題があり、つまりが生じているケースも考えられます。
もしくは専有部ではなく共有部に原因がある場合は、責任の所在は管理組合です。

このように、責任の所在がどこなのかを明らかにする必要もあるため、早めに管理会社へ連絡を入れなければなりません。
放置しておくと他の部屋への被害がさらに大きくなったり、責任の所在がうやむやになることからトラブルに繋がりやすいです。
修理をする際も勝手に業者は呼ばず、管理会社の意向を確認したうえでおこなう必要があるため、まずは連絡することを覚えておきましょう。

新着お役立ち情報