トイレの詰まりを業者に依頼する相場は?見積もりはどの段階で取るべき?

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

トイレの詰まりを業者に依頼する相場は?見積もりはどの段階で取るべき?

トイレが詰まって水が流れないと、とても焦ってしまいます。
初めてトラブルに見舞われた方は、自分で直せるのか、それとも専門業者を呼んで修理してもらった方が良いかの判断すら難しいでしょう。
業者を呼んだら一体修理代はいくらかかるの?ぼったくりされたらどうしよう…と、修理費用に関して不安を抱く方も多いはず。

全国に数ある水道業者。
まだまだ悪徳業者が残っているとも言われる中、良心的な料金と信頼できるサービスを提供してくれる業者を選ぶためには、ユーザー自身がトイレ詰まり修理の作業内容や費用についての知識を備えておくことが大切です。

そこで今回は、トイレの詰まりを業者に依頼するときの相場についての解説です。
トイレ詰まりが起きたとき業者に依頼すべきタイミングや、詰まりの症状や原因別作業内容や費用相場についてお伝えしていきます。
悪徳業者につかまらないための業者選びのコツについてもお伝えしていきますので、是非最後までご覧ください。

トイレの詰まり 業者に依頼すべきタイミングとは?

トイレ詰まりが起きたら、まずは自分で直そうとする方も多いはず。
ホームセンター等で購入できるラバーカップを使ったり、ネットでトイレ詰まり解消方法を検索して、なんとか直そうとするでしょう。
しかし、詰まりの原因によっては自身で対処できないもの、してはいけないものもあります

トイレで起こり得る詰まりトラブルのうち、自身で対処できないものは下記の通りです。

  • 水に溶けないものを流してしまった
  • ラバーカップではつまりが解消できなかった
  • トイレ砂やオムツなど吸水性のあるものを流してしまった

水に溶けないものに関しては、自身での対処は困難です。
例えば、吸水性ポリマーを含むオムツがつまりの原因だとしましょう。
オムツは便器内で水を吸うとドンドンと膨らみ、排水路を塞ぐほどにまでなります。
お湯や市販されているパイプ洗浄剤等の薬剤でも溶かせないため、専門的知識をもつ業者の作業によって物理的に取り出し、除去するしかありません。

手で取り出せない位置でつまっている場合は、便器を外して取り出す作業となるでしょう。

そうとは知らずにラバーカップを使用したら…
ラバーカップの圧によってオムツが動かく可能性がありますが、排水口で取り出せる確率は低く、むしろより奥の方へと進み、再度詰まってしまう確率の方が高くなります。

もし便器内を抜け、排水管でつまってしまったら、便器脱着はもちろん、排水管内のつまり除去作業が必要になるなど事態が複雑化するおそれがあります。
状況が悪化すれば、排水管の損傷による水漏れリスクが高まるなど、自己解決が仇となるかもしれません。

水に溶けないものを流してしまい、トイレの詰まりが起きた場合は、早急に業者に修理を依頼しましょう。

ペンや小さなおもちゃを誤って流してしまった場合も、業者を呼んだ方が良いのでしょうか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
そうですね。
小さなものならそのまま流れていくだろうと思いがちですが、トラップ部分や排水管内に留まる可能性があります。
長年使用している排水管であれば汚れが蓄積されている可能性が高く、その部分に引っかかるかもしれません。
たとえ小さな異物でも、結果的に排水管内の水の通りを狭めるものであれば、頻繁に詰まりが起こる原因となるでしょう。
水に溶けないものがトイレに流れた=重度の詰まりになる可能性があることを踏まえ、早急に対処することをおすすめします。

水に流せるものは自己修理できる

トイレ詰まりが起きる多くのケースは、大量のトイレットペーパーや排泄物、流せるウェットティッシュやお掃除シートを一度に大量に流してしまったことによるものです。
これらは本来水に溶けるものではありますが、量が多ければ溶けにくくなり、排水路の中で固まってつまってしまうのです。

ただし、これらは案外簡単に解消できます。
現在トイレが詰まっていて、その原因が水に溶けるものであるという確信がある場合は、ラバーカップを使って詰まりを直しましょう。

ラバーカップの使い方は広く知られていますが、正しい使い方を出来ている人はそう多くありません。
ここでは、ラバーカップの効果な使用方法をご紹介します。

  1. 便器周辺が汚れる可能性があるため、ビニールシート等で養生しておく
  2. 便器内の水位が高い場合は灯油ポンプ等で汲みだしておく
  3. 排水口にラバーカップを置く(まだ押し込まない)
  4. カップ部分が水に浸っていない場合は、水を足す
  5. カップを排水口に密着させてゆっくりと押し込み、凹ませる
  6. 空気が抜けたら勢いよく引っ張る
  7. 詰まりが解消されるまで5.6を繰り返す

使い方のコツはゆっくりと押して勢いよく引くこと。
排水路内の空気をしっかりと抜くイメージで押し込み、十分な圧をかけられるよう勢いよく引っ張りましょう。

トイレの詰まり 作業費用の相場はいくら?

業者が行うトイレ詰まりの除去作業は多岐にわたります。
便器内の詰まりを特殊な薬剤や専用器具で除去する方法もあれば、便器を外して下側から取り出したり、便器の排水路とつながっている排水管の中まで作業を行うこともあります。

トイレ詰まりを解消する道具として最もメジャーなのはラバーカップですが、業者の場合は強力な吸引力を持つローポンプや強烈な水圧で汚れを除去する高圧洗浄機等を使って作業するのが一般的です。

業者がどのような道具を使って、どのような作業を行うかは、トイレ詰まりの原因と症状次第となります。
ここでは、業者が行うトイレつまり除去作業の内容と費用の相場について詳しくみていきましょう。

親レンジャー
親レンジャー
トイレの詰まりの原因は、便器の排水路や排水管だけとは限らないのですよ。
他にどんな場所がつまりの原因になるのですか?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
トイレのタンクです。
便器内のトイレットペーパーや排泄物は、タンクから流れてくる水の勢いによって複雑な形状の排水路を抜け、排水管へと流れていきます。
しかし、タンク内の部品に不具合が生じていれば、十分な量の水が溜まりません。
その結果、排泄物等を押し流す水が足りず、便器の詰まりへと発展してしまうのです。
明らかに異物を流した自覚がある場合は便器内に原因があると断定できますが、心当たりがない場合はタンクも含め、トイレの様々な器具や部品を確認し、原因を特定していきます。

トイレの詰まりが軽度の場合の料金相場

軽度のトイレ詰まりとは、水に流せるものによって起きたトラブルのことです。
トイレットペーパーや排泄物、水に流せる系のものなど、本来トイレに流して良いものがこれに該当します。

業者が軽度の詰まり除去に使用するのは、ラバーカップや薬剤です。
ラバーカップはご存知の通り、圧によって詰まりの原因を動かして流すのを目的とした道具。
業者が使用する薬剤は、尿石溶解剤や配管洗浄剤といった特殊なものです。
ほとんどの場合は便器の脱着をすることなく、詰まりを解消できるでしょう。

詰まりが軽度の場合の料金相場は下記の通りです。

作業内容料金相場
ラバーカップ等による詰まり除去4000円~1万円
特殊薬剤等による詰まり除去3000円~5000円

トイレの詰まりが重度の場合の料金相場

重度のトイレ詰まりとは、水に流せない異物によって起こったトラブルのことです。
ラバーカップの吸引力では動かしたり取り出すことが出来ないもの、薬剤では水に溶けないものを指すと考えておきましょう。

重度の詰まりの場合はローポンプを使ってつまりを除去することになります。
ただし、詰まりの原因が何か、どの部分でつまっているのかによって料金は大きく変わります

作業内容料金相場
ローポンプによる詰まり除去8000円~1万5000円
便器脱着1万円~2万円

トイレ詰まり除去を請け負う業者が必ずといってよいほど準備している道具が、ローポンプです。
ラバーカップの数倍の圧力を持っており、詰まりの原因を押し出すことも、引き出すこともできるのが特徴的です。

つまり、便器の排水口から詰まりの原因を引き出すことが出来なければ、便器を脱着して押し出し、取り出すこともできるというもの。

複雑な構造になっている便器内のどこに異物があるかによって、便器脱着するかしないかを決めることになりますので、作業料金も大きく変化するでしょう。

排水管に原因がある場合の料金相場

便器の排水路とつながっている排水管で詰まりが生じている状態、これも重度の詰まりに該当します。
排水管に詰まりの原因がある場合は、高圧洗浄機やトーラーなどの道具を使ってつまりを除去、洗浄します。

作業内容料金(3mまで)1mあたりの追加料金
高圧洗浄1.5万円~2.5万円1000円~5000円
トーラー1万円~1.5万円1000円~3000円

上記表の料金相場は、戸建て住宅で高圧洗浄やトレーラーによる詰まり除去をした場合です。

集合住宅の場合は階数によりますが戸建て住宅よりも使用状況が複雑で、長さも必要になると考えられます。
そのため、戸建ての料金よりも1万円~1万5000円程度高くなると想定しておきましょう。

重度になると、やはり修理費用も高くなるのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
排水管の作業に使用する高圧洗浄やトーラーを便器内で使うと水圧で便器が割れる恐れがありますので、作業は必ずといってよいほど便器を取り外して行います。
従って、作業料金には便器脱着代が含まれることも覚えておきましょう。

トイレタンクに原因がある場合の料金相場

トイレつまりの原因が便器内や排水管ではなく、タンクにある場合はタンク内で不具合を起こしている部品の修理や交換が必要になります。
ここでは、トイレタンク内の部品代金についてお伝えします。

部品部品代
タンクのレバー1000円~2500円
フロートバルブ1000円~3000円
ボールタップ 4000円~1万円
止水栓1000円~3000円
密結パッキン~1000円
密結ボルト~1000円

トイレタンク内には上記表に記載された部品が入っています。
レバーを回すと水が流れ、次に流す時用の水を溜めるという一連の流れは、これらの部品が連動することによって起こるものです。

常に水の中に入っている部品ですから、劣化や錆が発生している可能性もあるでしょう。

場合によっては不具合が生じている部品だけではなく、今後のトラブル防止のために劣化が進んでいる部品を交換する可能性もあります。

作業費用だけじゃない! その他にかかる費用とは

実は、トイレ詰まりの修理には、詰まりを除去するのにかかる作業費用や部品代だけではなく、それ以外の費用も加算されることがあります。
これを知っているといないとでは大違い。
業者によって料金の特色が大きく反映されるところでもありますので、費用の内訳についてしっかり押さえておきましょう

一般的に、トイレ詰まりの除去・修理費用の際にかかる費用内訳は下記の通りです。

総額=基本料金+部品代(材料費)+作業費(技術費)

基本料金は各社3000円~5000円程度となっていますが、キャンペーン等で無料と銘打っているところも多く見かけます。
その他、出張費、深夜早朝料金、特殊料金、見積り料金が加算される場合もあります。

つまり、ローポンプでのつまり除去修理を依頼した場合は、

基本料金(4000円)+作業費(1万円+1万円)=2万4000円

最低でもこれだけの費用がかかるというわけです。上記はあくまでも色々な項目を追加してくる業者となり、弊社とは全く異なります。

この他、出張費や見積り料金等が加算されるため、さらに費用は高くなるでしょう。

トイレ修理業者選びのコツ

トイレの詰まり除去修理や水漏れ修理を専門的に行う業者。
水道修理業者の中には悪徳業者が多いというイメージをお持ちの方も多いでしょう。
実際、見積りよりも多い費用を請求された、広告では○万円といっていたのに実際は3倍以上を請求されたなど、費用に関するトラブル事例が多く挙げられています。

前項をご覧いただくと分かる通り、修理にかかる費用の内訳は複雑です。
最近はCMやマグネット広告で宣伝する大手も増え、クリーンなイメージが定着するとともに、費用の内訳を事細かに記載し、誤解を生まない配慮をしているところも多くあります。

しかしながら、ユーザーである私たち自身も、適正且つ納得できる価格で修理を依頼するために、費用の相場や仕組みについての知識を備えておく必要があるでしょう。

最後に、トイレ修理業者を選ぶコツについて解説いたします。

状況を整理してから依頼の電話をかけること

結局のところ、業者自身も実際に作業をしてみなければ修理費用はわかりません。

見積りの段階では薬剤で除去できると思っていても、実際は高圧洗浄機による作業が必要で、見積もりと実際の請求金額に数万円もの差が出ることもあります。

ある程度の誤差は致し方ないでしょう。
ただ、その乖離を小さくすることは可能です。

重要なのは、自身がある程度状況を把握しておくことです。
例えば、「今朝、トイレ掃除のときに掃除シートやトイレットペーパーをまとめて流してしまい、直後から水が全く流れない。
ラバーカップで修理しようとしたが、何度やっても直らない。

このように、いつ・なにを詰まらせたのか、現在の状況と自己修理の経緯や結果について整理しておきましょう。

この内容を依頼電話の際に伝えれば、業者は具体的な作業内容を想定でき、より現実的な費用見積もりを算出しやすくなります

見積りは電話連絡と作業開始前の2回取ること

水道修理業者の場合、通常は現地見積りとなり、電話連絡後に実際の状況を見てもらってから見積もりを出してもらう形が一般的です。
ただしこの場合、見積もりの金額に納得出来ず作業直前に断ったとしても、出張料や見積料を請求される可能性があります。
このような想定外の費用を請求されないために、電話連絡の際と作業開始前の2回、見積もりを取る方法をおすすめします。

電話連絡の際は現況を伝え、その時点で想定される内容から見積もりを出してもらいましょう。
またその際、費用の内訳を聞いておくことが大切です。

基本料金・出張費・部品代・作業費・見積り料などの費用内訳は各社異なります。
作業前の見積り料や出張料はかかるのかなど、細かく明示してもらうと安心です。

同じような内容の電話連絡を数社にかけて比較検討し、費用内訳や内容に納得できる業者が見つかったら、そこに依頼すると良いでしょう。

作業開始前は、実際の状態を見てより具体的な見積もりを算出できます。
見積り金額と相場に乖離がないかなどを確認しましょう。

見積りの費用内訳を細かく提示してくれる、内訳毎の費用と総額をきちんと提示してくれる業者を選ぶことが大切です。

まとめ

ここまで、トイレ詰まりを業者に依頼する場合の相場についてお伝えしました。
トイレ詰まりを業者に依頼するかの判断では、詰まりの症状や原因を見極める必要があります。

水に流せるものでしたらラバーカップ等で自己修理できますが、水に流せないものを自己修理するのは困難です。
ラバーカップ等を使うと状況が悪化し、大規模な水漏れや便器の破損に繋がる恐れがありますので、早急に業者に修理を依頼しましょう。

トイレの詰まり除去にかかる費用は、水に流せる軽度のつまり、水に流せない重度の詰まり、排水管の詰まり、トイレタンク内部品の不具合など、症状や原因によって大きく変わります。

修理費用は作業料だけではなく、基本料金や出張料、部品代など様々な費用項目によって構成されており、こちらについても各社料金設定が異なります。
業者に修理を依頼する場合は電話連絡と作業前の2回、見積もりを取り、記事内でご紹介した費用目安と照らし合わせ、金額に納得した上で依頼しましょう。

新着お役立ち情報