水栓から水漏れが起こる原因は何?水道修理の手順を徹底解説

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

水栓から水漏れが起こる原因は何?水道修理の手順を徹底解説

戸建住宅の庭やマンションのベランダで活躍する屋外水栓、家庭菜園やガーデニングなど、自宅で植物を育てる趣味の人気とともに今設置する家庭も増えています。

ところでいざ庭仕事を始めようとして水を出そうとしたら突然柱部分から水が漏れてて慌ててしまった、そんな経験がある人も少なくありません。
屋外の水道から水漏れする原因や修理方法、困った時の工事業者の選び方について、ガーデンライフを楽しむために知っておきたい必見情報をまとめました。

屋外水道についての基礎知識

屋外水道「散水栓」と「立水栓」

一般家庭の庭や学校のグランドなど、屋外に水道がある光景は誰もが見たことがありますね。
野外に設置された水道は、その特徴によって以下の2つの種類に分類されています。

  • 散水栓(さんすいせん)
    地面にボックスがありその中に水道があるもので、ホースを接続して使います。
  • 立水栓(りっすいせん)
    地面から垂直に柱を立てその上部に蛇口が接合されているタイプ

一般家庭で外で水道を使う主な目的は庭作業や洗車などですが、これらの作業をするためには腰を深くかがめてホースをくっつける散水栓よりも、立ったまま手軽に使える立水栓の方が便利です。

散水栓は比較的各家庭にありますが、立水栓は古い住宅ではない場合もあり、散水栓を立水栓にリフォームする家庭も増えています。

そういえば我が家も以前、散水栓を立水栓に換えたわ。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
屋外で水を使う場合、立水栓が圧倒的に便利ですよね。ですが、その構造ってご存じでしたか?実はこういう風に作られているんですよ。

立水栓の作り方

立水栓は給水管(水道管)を延長して地上に垂直に立てて柱状にし、管の周りに外気や汚れから守るカバーなどをつけて保護し、蛇口を接続します。

接合されている蛇口は単水栓がほとんどですが、単水栓は構造がシンプルでメンテナンスが簡単、さらに安価なのがメリットです。
屋外ではお湯を使うことがほとんどないため、必要な機能は単水栓で十分果たせます

言われてみれば外で見る水道は、昔ながらの単水栓ばかりですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
庭仕事や洗車では特にお湯がなくても十分、外気にさらされる戸外ではむしろ単水栓のシンプルさが適しています。

選び方のコツは長さと使用目的にあり

立水栓を選ぶポイントはその高さと用途、外で水を使うのが主にどんな目的が多いかをまず考えましょう。

一般的に立水栓の高さは120㎝または90㎝の2種類あり、適した用途は以下のように考えられます。

  • ガーデニングや散水など、中腰で使う場合は90㎝
  • 洗車や手洗いなど、立って使う場合は120㎝

なお設置場所が庭から離れているときはホースをつける場合もあるので、その時に適した高さについても考えるとより使いやすいでしょう。

私は庭仕事がしたいから90㎝かしら。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
その目的でしたら90㎝あればベターですね。他にも、家の外観も考慮して柱のデザイン性にも凝ってみるとさらに楽しみが増えますよ。

気になる設置費用は?

立水栓を新たに立てる、または散水栓から変える、いずれにしても水道管に直接手を加えることになります。

そのため設置は認定された業者(指定給水装置工事業者)でなければ行えず、違法業者が行うと依頼主にもペナルティーが課されるので十分注意しましょう。

気になる設置費用は、設置場所の特徴によって異なりますが相場は以下の通りです。

6万円かあ、結構高いんですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
実際にはこの金額よりもはるかに安い業者もあるのですが、やはり違法業者が多いのが現実ですのでおすすめできません。

立水栓から水漏れした場合の応急処置の手順

立水栓を使っていたら柱から急に水が漏れてきた、そんなハプニングが起こっても自分でできる応急処置の方法を知っていると慌てなくて済みます。
業者を呼ぶ前にできることはどんな作業でしょうか。

水漏れへのとっさの対処、ぜひ知りたいです。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
トラブルを解決するにはまず原因を知る、そして適切な措置を施すのが基本ですね。

立水栓が水漏れする三大要因とは

立水栓の柱や蛇口から水漏れした場合、考えられる要因は以下の3つです。

  • シールテープの粘着力の低下
  • 蛇口内部のパッキンの劣化
  • ナットのゆるみ

これらの点がないかを今一度チェックして、適切な処置をしましょう。

親レンジャー
親レンジャー
初めて水漏れが起こった場合はパーツの経年劣化が原因のことが多いです。
なるほど、これなら必要なものを予め揃えていると対処できそうですね。
子レンジャー
子レンジャー

立水栓水漏れの応急処置の手順

水漏れを止めるためには、漏れている場所を目視して的確に判断し、必ず止水栓を締めてから作業を行いましょう。

以下は原因トップ3に応じた補修の手順です。

シールテープが原因の場合

蛇口が柱と接合されている部分には専用のシールテープでつながっていますが、長年の使用で粘着力が低下したら、新しいものを巻きましょう

  • 1.レンチを使って接合部のナットを緩め、柱から蛇口を外す
  • 2.配管の汚れや錆をブラシなどで掃除する
  • 3.蛇口の根本部分、端から2つ目のネジ山から、前から見て時計回りに新しいテープを巻き直して指でなじませる
  • 4.手順を逆戻りし、元の状態に組み立て直した後止水栓を緩めて水を出し、異常がなければ完了
蛇口本体の交換方法 単水栓の場合

パッキンの交換

蛇口内部には接合部を密着させるためにいくつかパッキンが使われています。
これも経年の使用で劣化しやすいので、気づいたらすぐに交換しましょう。

なお、パッキンの場所は蛇口の内部にそれぞれ3か所あり、形状や大きさも異なるので場所に合ったものを必ず使いましょう。

  • ケレップ
  • 三角パッキン
  • Uパッキン

準備ができたら、水漏れ箇所に応じて以下の手順で行います。

単水栓のパッキン交換手順 スピンドル部分

ナットのゆるみ

単水栓の蛇口では、接合部をナットで締めている箇所がありますが、この部分が緩んでいても水漏れすることがあります。
ゆるみを見つけた時は締め直せば解決することもあります。

パーツと工具があれば意外と簡単そうですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
はい、とても簡単です。工具はモンキーレンチや2種類のドライバーがあれば十分です。

セルフ修理の注意点

水漏れは早い段階で見つかれば被害も少なくて済み、また適切に補修すればある程度までは防げます。

しかし自己で行う修理は応急処置として考えることが大切です。
なぜなら、水道からの水漏れにはパーツの劣化と言った経年要素が少なからずあるので、直ったからと言って放置し続ければ再び同じ箇所で水漏れするおそれもあるからです。

水漏れが収まっているのは一時的だと考えましょう。

一般の人では限界があるということですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
蛇口も機械の一つなので使い続けていくうちに寿命が近づく、こればかりは仕方がありません。

こんな時はすぐに業者に連絡を

立水栓の応急処置は自分ですることもできますが、それでも解消しない場合は部品交換よりも専門的な修理が必要となります。
そうなるといよいよ工事店の出番、どんなタイミングで呼ぶのが適切なのでしょうか

業者に依頼するのは、お金のこともあるから慎重になりすぎてしまうわ。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
お気持ちはとても分かりますが、水漏れは放置しても改善することはまずありません。以下のような症状があった時こそ、プロを呼ぶタイミングです。
こんな時はすぐに業者に連絡を! 立水栓のトラブル

同じ場所で再び水漏れが起こった時

パーツを新しいものに交換すると一時的には水漏れを抑えられるものの、時間が経つとまた水漏れが発生した、そのような再水漏れは決して珍しくありません

水漏れの原因には部品劣化の他にも蛇口本体や水道管、その他の外的要因なども重なって起こる場合と様々あります。

もし2回以上続けて水漏れしたら、もはや部品だけが原因ではありません。
はっきり特定させるためには水道のことを知り尽くした専門業者の判断が確かです。

応急処置、と言われるのはそのためなのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
ケガの手当と同じく、その後適切な方法を取らなければ回復することは難しいですね。まずは水漏れの原因究明こそが大切です。

蛇口や水道管を10年以上使ってきた

蛇口内部の部品が使用年数によって劣化していくように、立水栓そのものも経年変化は例外なく起こります。

立水栓の柱内にある水道管、蛇口を固定するためのナットの他、内部パーツ以外の部分も当然劣化してきます。
しかも蛇口本体は屋外の空気中の物質や寒暖などの影響を受け続けているため、室内にあるよりも早く進む傾向があります。

蛇口や水道管の寿命は平均で10年ほどと考えられているので、使用年数を今一度見直してみましょう。
また普段から庭仕事をしたりして使用頻度が高くなると、これよりも早く劣化する可能性も十分考えられます。

器具の寿命となると、やはり交換しかないのでしょうか。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
そうですね、実際に部品そのものがなくなるケースもよくありますのでおすすめしています。
でも今はネットでたくさん売ってるから、自分でやっても大丈夫よね?
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
もちろんできますが設置の仕方が甘いと水漏れが起こりやすくなるため、こちらもおすすめはしません。

その他の外的要因の可能性

水漏れの原因で多くを占めるのが経年劣化や寿命による器具本体にありますが、中にはそれとは判別のつかない原因不明なものもあります。

可能性として考えられるのは、他に外的要因がないかどうかです。

家の近くで以下の要因がないかどうかをチェックしてみましょう。

  • 大規模地震
  • 頻繁な建設工事
  • 地盤沈下
    (上記3点は地下の水道管にひびが入っている可能性がある)
  • 大寒波による低温被害
    (凍結の可能性も大きい)
  • 大雨や大規模な水害
    (雨量が急激に増えたことによる水流の激変)

これらの外的要因の他に、水漏れ以外にこんな症状がないかも確認しましょう。

  • 水質変化(水が濁る、臭うなど)
  • 地中から異音がする(シューっという水が流れるような音)
  • 地面がいつも湿っていないか
私たちでは分からないけど、確認することはたくさんあるのね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
お客様は日常使っているので、いつもと違った変化がないかを最も身近で感じられます。それを分析した上で、プロの私たちが専門知識の元で原因を探ります。

優良な業者を選ぶために知りたい共通点とは

水道の修理は一般の人ではできない専門工事になるので工事店の存在は不可欠、しかし中には悪徳業者が紛れ込んでいたりと被害報告の例も僅かですがあります。

安心確実で優良な工事店と出会うには、どんなところをチェックすればよいのでしょうか。
実は評判のいい業者には共通した3つの特徴があります。
電話する前に、ぜひチェックしましょう。

評判のいい業者に共通の3つの特徴とは?

営業年数が長い

水道工事の請負業者は大手企業の支店から地域で営業する町の水道屋さんまで様々です。
大規模経営の企業であれば折込広告やテレビCMなどで知名度もあるので比較的判断しやすいですが、小規模の業者では少し分かりにくいですね。
そんな時は業界年数を参考にしてみると良いでしょう。

水道業者は水道局から認定資格を受ければ活動できるので、比較的新規参入もしやすい一方で競争激化による入れ替えが頻繁な一面もあります。

そんな中で営業を長年続けているのはリピーターが多くて施工実績も豊富な証拠、まず間違いは少ないでしょう。

確かに、水道工事って何度もするようなものではありませんね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
私のように経験が長いと、また同じお客様からだと気づくこともありますよ。いかに信頼が大切か、それは日々の仕事で痛感していますね。

上下水道どちらも工事できる資格がある

水道工事業者を開業するためには、水道局に届け出て指定工事業者として認定を受けなければなりません。
広告などでも水道局認定といったワードがありますが、その業者であればとりあえずは問題ありません。

しかし中には無届で営業を行っている会社もあり、そうした業者は基本料金0円など、一見魅力的な宣伝文句があるのでつい気になってしまいます。
そうした業者に依頼して工事を行ってもらうと、後から高額請求をされたり、契約を強引にさせるなどのトラブルも多くあります。

加えて水道局認定の他にも確認しておきたいのが、上下水道どちらの工事も資格があるかです。
よくある水漏れや詰まり除去など、簡単にできる作業は上水道の資格さえあればできますが、水道管の取り換えなど難しい工事となると下水道工事の資格なしにはできないというケースがよくあります。

水道工事の特色として、作業を行ってから初めて他のトラブルを発見したという例もあります。
そんな時、下水道の資格が要る工事もできる業者であれば一回でトラブル解決できますね。

上下水道のことは全く知りませんでした。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
お客様が依頼する時は、自分では解決できない段階にきている時が多いんですね。その場合修理の対応範囲が広いのは安心材料です。

料金の説明がわかりやすいか

水道業者への依頼でお金のことを気にしない人はいないと言ってもいいくらい、料金のことは最重要です。
工事をするにあたってはまず基本料金が必ず発生します。
基本料金は作業員への人件費や車の燃料代など、最低限必要なものです。

難易度の高い工事や施工範囲が広いなど、基本料金以外のオプションがかかることも珍しくありませんが、これについてきちんと説明してくれないような会社は絶対に依頼してはいけません

なぜ追加料金が必要か、その料金でどんな工事をするのか、そうした疑問については明確にさせましょう。

追加料金があっても、それがなぜかわかればもちろん払うわね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
デメリットを説明するのは確かに心理的には少し負担ですが、後のトラブルを考え、何よりもお客様に迷惑をかけてはなりませんので。

まとめ

屋外に設置されている1メートルほどの高さの水道を立水栓と呼び、使いやすく手軽に庭仕事ができるのでガーデンライフに必要不可欠です。

立水栓は地面の水道管を延ばして地上に柱状にして蛇口を付けて作られますが、使い続けるうちに柱部分から水漏れが起こってしまうことがあります。

被害が小さいうちはパーツ交換で応急処置も可能ですがそれは一時的なもの、できるだけ早いうちにプロの力を借りるのがおすすめです。

水道工事店は一般の人が気づかないような原因を探り出し、水漏れトラブルにもう悩まされないように解決してくれるスペシャリストです。
依頼のポイントは経験が深くて上下水道の資格がある、そして説明をきちんとしてくれるところ、こうした業者であれば間違いありません。

新着お役立ち情報